与太郎神社

よたろうじんじゃ

戦国時代に岡山の宇喜多勢と安芸の毛利勢がこの地で激突した際、宇喜多勢の総大将・宇喜多与太郎基家は足を失傷し竹やぶへ隠れましたが、村人が探索の武士に居場所を教えたため、与太郎は捕らえられました。その後、村人が与太郎へのおわびと供養のため、また足の悪い人を救うために与太郎塚を建立しました。現在は足腰の病気を治す神さまとして、信仰を集めています。

エリア
備前
カテゴリ
神社・仏閣

基本情報

住所 〒706-0224 岡山県玉野市八浜町大崎2764
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
交通アクセス(車)瀬戸中央自動車道水島ICから約30分
交通アクセス(公共)JR八浜駅からタクシー約5分
駐車場普通車7台

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集