三浦邸

みうらてい

旧三浦家別邸。明和元年(1764)、三河国西尾より移封になり勝山領主となった三浦氏は、明治2年、大政奉還により10代、107年間の歴史に幕を下ろしました。歴代当主は城山の麓(現在の市役所あたり)に屋敷を構えていたものの、城地・建物などはすべて国有となったため、最後の城主・10代顕次(たかつぐ)が、地元庄屋の支援を受け構えた邸宅。以来3代にわたりこの地で過ごしましたが、平成元年2月、旧勝山町へこの土地を寄贈。
屋敷の正門前に、樹齢数百年とされる巨大な椎の木が立つことから別名「椎の木御殿」との呼び名で親しまれています。
現在は敷地を一般開放。

エリア
美作
カテゴリ
文化財・史跡

基本情報

住所 〒717-0015 岡山県真庭市岡270
電話番号 0867-44-2607(真庭市勝山振興局)
公式サイト
交通アクセス(車)米子自動車道久世ICから約25分
交通アクセス(公共)JR中国勝山駅からタクシー約10分
時期紫陽花(アジサイ):6月中旬~7月上旬 

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示