岡山駅前にある「桃太郎大通り」の桃太郎ご一行がゆるすぎた

JR岡山駅前から岡山後楽園方面へとつづく「桃太郎大通り」の桃太郎ご一行が自由すぎ!寝そべるサル。黄昏るイヌ。ゴールは川に流されドンブラコ。ゆる~い岡山。癒されますよ。
掲載日:2023年09月28日
  • ライター:おもとまちこ
  • 2284 ビュー

THE桃太郎像(JR岡山駅前東口)

陣羽織の衣装に、賢そうなお供をつれて。なんと勇ましいお姿なのでしょう。桃太郎さんはやはりこうでなくっちゃ!思わず記念写真を撮りたくなります。しかし、JR岡山駅後楽園口(東口)から岡山城方面へとつづく「桃太郎大通り」にも、実は桃太郎ご一行がいることをご存じですか?岡山駅できびだんごを買ったら、イチオシのお供を見つけにいざ出陣!

ポストの上の桃太郎(岡山駅前広場)

「鬼はもういないんだからのんびりしようよ」とでも言いたそうな!?脱力感たっぷりのももたろうさんを駅前広場で発見。涙でネズミを描いたという雪舟さんも岡山生まれですが、ポストの上に寝転がりながら筆を持つとは、ツワモノすぎます。

考える桃太郎(桃太郎大通り)

「桃のかき氷の次は、シャインマスカットのパフェにしようかな」と、岡山生まれで美味しいスイーツに目がない!?裸ん坊の桃太郎さん。「そんなに食べたらお腹をこわしますよ」と、噴水の向こうでお母さんが心配そうに見ています。

黄昏るイヌ(桃太郎大通り)

桃太郎大通りはわずか1kmほどの距離。カタンコトンと路面電車の音を聞きながら、のんびり歩いて行くと。おやおや、イヌさんが空を見上げて黄昏ています。「おかやまデミカツ丼、美味しかったなあ」と、お昼ご飯の余韻にでも浸っているのでしょうか。

寝そべるサル(桃太郎大通り)

もはや重力という概念をも超越したポーズのおサルさんです。「おだんご1つじゃ行かないよ~」と駄々でもこねているのでしょうか。すぐ近くの「つるの玉子本舗」でマシュマロ和菓子でも買って、ご機嫌をとっておきましょう。

第四のお供・・・!?(桃太郎大通り)

イヌ、サルときたら最後のメンバーは。そうそう、このスラリと足の長い・・・ツル!?
「私たちも鬼退治に行きましたけど何か?」と、岡山市の鳥・タンチョウツルが、クールな顔で通りの真ん中を陣取っています。
※キジさんもちゃんといます。見つけてみましょう。

鬼に〇〇

それにしても、ずいぶん沢山の鬼を退治したのですね桃太郎さん。歩道に金棒がズラリ。鬼のことまでも温羅(うら)として大切にする岡山。これだけ自分のアイテムを並べてくれているなんて、鬼も本望!?まさに良い供養になっていることでしょう。

きっと岡山白桃(桃太郎大通り)

あっという間に城下に到着。「桃太郎ご一行自由過ぎたな」と、道のりを思い返しながら通りに目をやると、桃、桃、桃!路面電車沿いに桃を冠した塔が、これでもかと並んでいます。邪気を払う果実ともいわれる桃。桃太郎大通りって、ものすごい魔除けエリアなんだな。

鶴ボート!?(旭川)

岡山後楽園、岡山城と大観光スポットをめぐったら、シメはボートと決まっています。
よーし、かわいいスワンボートに乗り込んで・・え?これってもしや、またしてもタンチョウツル!「ひとつ私たちにもくださいな」と、後楽園のタンチョウツルたちが、一斉に鳴く(ねだる)声が聞こえてきそうです。

川に桃が流れてる!!

川に桃が流れているのも、もはや岡山では日常風景です。
どんぶらこ、どんぶらこっこ、どんぶりこ。「こげえな所にでぇ~れぇたくさんの桃が・・」と、川へ洗濯に来たおばあさんも腰を抜かすかも?しれません。
そのうちマスカットオブアレキサンドリアも流れて来たらいいな。

【ボート乗り場】(碧水園)
所在地:岡山市北区後楽園1-6
営業時間:9:00~17:00
定休日:不定休
電話:086-272-1605

マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事