鷺の巣温泉湯本屋旅館

さぎのすおんせんゆもとやりょかん

昭和9年に創業し、昔から「湯場」として地元の人々に愛されてきた温泉旅館です。温泉は人皇7代孝霊天皇の御代に発見されました。その皇子である吉備津彦命の古代大和政権と吉備国との対立を描いたものが「桃太郎伝説」です。戦いに傷ついた鬼が「湯場の温泉(現在の鷺の巣温泉)」に入って傷を癒していることが分かり、吉備津彦命は神力で湯を封じて鬼を退治し、その時から湯場の温泉が冷泉になったと伝えられています。
漢学者の頼山陽、山田方谷も来遊。方谷が天保13年、入湯の際に竹荘の美しさを漢詩に詠まれました。温泉の歴史と漢詩は駐車場にある看板で見ることができます。
温泉の泉質は、低張性アルカリ性冷鉱泉。泉温14.5℃、ph9.8。
効能は、健康増進、疲労回復、冷え性の予防、美肌、胃腸機能促進、神経痛の緩和、筋肉・関節の慢性的な痛みの緩和などです。
料理は季節ごとに地元の食材を使用し、家庭的な和食が中心です。

エリア
備前
カテゴリ
ホテル・旅館 温泉宿

基本情報

住所 〒716-1122 岡山県加賀郡吉備中央町竹荘492-2
電話番号 0866-54-1355(鷺の巣温泉湯本屋旅館)
FAX番号 0866-54-1355
公式サイト
営業時間チェックイン17:00、チェックアウト10:00
定休日不定休
料金8,650円~(1泊2食)
交通アクセス(車)岡山自動車道賀陽ICから約15分
交通アクセス(公共)JR備中高梁駅からタクシー約20分
駐車場普通車10台
受入人数部屋数:4部屋、定員:10名

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設