五福通り

ごふくどおり
全国的にもめずらしい看板建築が残る町並み

はだか祭りで有名な西大寺観音院の境内から少し北に歩くと、今ではめずらしい看板建築の商家が建ち並び、昭和の面影を残す、通称「五福通り」が現れます。「五福」とは人生の五種の幸福、すなわち、寿(寿命の長いこと)、富(財力の豊かなこと)、康寧(無病なこと)、好徳(徳を好むこと)、終年(天命をもって終わること)で、はだか祭りで裸衆が奪い合う宝木(しんぎ)は、この五福を授ける意味で与えられたことから、この通りが五福通りと呼ばれるようになったといわれています。独特の雰囲気を持つ町並みは多くの映画やドラマのロケ地としても使われています。

※看板建築とは関東大震災後に商店などに用いられた建築様式で、看板のような平坦な壁を利用して自由なデザインが試みられたため、看板建築と命名されました。擬洋風建築が大衆化したもので、外観こそ洋風に見えますが、中に入るとタタキの奥に茶の間があるような、昔ながらの間取りがほとんどです。

エリア
備前
カテゴリ
町並み・美観地区 ロケ地

基本情報

住所 〒704-8116 岡山県岡山市東区西大寺中3-9付近
電話番号 086-944-5038(岡山市東区役所総務・地域振興課)
公式サイト
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
交通アクセス(車)山陽自動車道山陽ICから約25分
交通アクセス(公共)JR西大寺駅から徒歩約10分
駐車場専用駐車場無し

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

動画

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集