栗柄神社

くりからじんじゃ
金太郎のモデルが葬られた場所

童話などで知られている金太郎は、源頼光の四天王として活躍した坂田金時(さかたのきんとき)がモデルとされ、金太郎は坂田金時の幼名です。静岡で生まれた坂田金時は、九州へ向かう途中寒さと雪に阻まれ、現在の勝央町にしばらく滞在しました。その際に、金時は重い熱病にかかり、頼光らの看病のかいなく、亡くなってしまいました。頼光は現在の勝央町平地区の丘に金時を手厚く葬り、その葬られた場所が栗柄神社とされています。

エリア
美作
カテゴリ
神社・仏閣

基本情報

住所 〒709-4334 岡山県勝田郡勝央町平
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
交通アクセス(車)中国自動車道美作ICから約15分
交通アクセス(公共)JR勝間田駅から徒歩約15分

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設