花とグルメと温泉とアート。 1泊2日で4市町をめぐる東備エリアドライブ

花とグルメと温泉とアート。 1泊2日で4市町をめぐる東備エリアドライブ
  • 所要時間: 1泊2日コース
  • 主な移動手段: 車
季節の花や歴史スポット、温泉、アートに加え、地元グルメや特産品のショッピングも楽しめる、岡山県南東エリア4市町(赤磐市、和気町、備前市、瀬戸内市)をめぐるドライブ。スポット間の所要時間は30分以内と無理なくまわれる行程で、途中食事やカフェタイム、買い物時間もしっかり取れる1泊2日のプランです。
START
1日目
1

おかやまフォレストパーク ドイツの森


四季折々の花が彩るテーマパーク
  • おかやまフォレストパーク ドイツの森
ドイツの農村をイメージした自然あふれるテーマパークでは、春の菜の花やチューリップ、ネモフィラ、夏のひまわり、秋のコスモスなど、季節の花がヨーロッパ調の建物をバックに咲き競います。 また、アルパカ、ヤギ、ポニー、ミニブタやウサギなどの動物たちとの触れ合いや、 日本初「アルプスの少女ハイジ」公認の高さ10メートルのブランコも人気です。自家製ソーセージやジャーマンドッグ、石窯パン、地ビールなど、本場ドイツの味も堪能できます。
車で約20分
2

熊山英国庭園


西日本初の本格的イングリッシュガーデン
  • 熊山英国庭園
  • 熊山英国庭園
  • 熊山英国庭園
旧小野田小学校跡地を整備して造られた本格的な英国式庭園で、約100種のバラのほか、約1万6千本のハーブを栽培しています。満開時、バラの花に覆われるガゼボはフォトスポットとしても人気。アロマテラピーのなどの癒しの体験ができる施設もあります。
車で約18分
3

和氣神社(和気神社)


全国的にも珍しい狛亥が迎える神社
  • 和氣神社(和気神社)
宇佐八幡宮神託事件(道鏡事件)で活躍した和気清麻呂を祀る神社です。拝殿前には全国的にも珍しい狛亥(イノシシ)があり、これは猪が清麻呂の宇佐神宮参拝の際に護衛を行ったり、足を患った際に霊泉に案内したといい、清麻呂の守護とされてきたことに由来しています。また、和気清麻呂の姉で日本最初の孤児院を開設した和気広虫に由来して、安産(子供の守り神)としても敬われています。
車で約8分
4

和気鵜飼谷温泉(宿泊)


湯、食、空間でもてなす充実の温泉施設
  • 和気鵜飼谷温泉(宿泊)
  • 和気鵜飼谷温泉(宿泊)
  • 和気鵜飼谷温泉(宿泊)
  • 和気鵜飼谷温泉(宿泊)
  • 和気鵜飼谷温泉(宿泊)
  • 和気鵜飼谷温泉(宿泊)
  • 和気鵜飼谷温泉(宿泊)
  • 和気鵜飼谷温泉(宿泊)
  • 和気鵜飼谷温泉(宿泊)
  • 和気鵜飼谷温泉(宿泊)
地下1,500mから湧く温泉は岡山では珍しく40℃と高温。泉質はアルカリ性単純泉でPHが9.5と高いため、つるつるとした肌触りが実感できます。イオウ分を含んだ泉質は神経痛や関節痛、筋肉痛などに良いとされているので、宿泊してじっくり堪能するのがおすすめ。館内のレストランや売店、敷地内のラーメンハウスのみの利用も可能です。
車で約17分
5

旧閑谷学校


現存する日本最古の“庶民のための公立学校”
  • 旧閑谷学校
岡山藩主池田光政が日本初の庶民のための公立学校として創立。堂々とした入母屋造りの講堂は学問の殿堂と呼ばれるに相応しい雰囲気で、国宝に指定されています。儒学の祖・孔子像が安置された聖廟(せいびょう)など、国の重要文化財に指定された施設も点在しています。 2015年に「近世日本の教育遺産群−学ぶ心・礼節の本源−」として日本遺産第1号に認定されました。
車で約20分
6

五味の市


カキの町・日生の台所
  • 五味の市
  • 五味の市
  • 五味の市
  • 五味の市
  • 五味の市
日生町漁協の魚市場。旬の鮮魚が格安で並びます。魚はその場でさばいてもらうことも可能。活気溢れる場内では、漁師町ならではの店員さん達との人情味あふれる会話も楽しみのひとつです。ソフトクリームの上にカキフライが2つトッピングされ、仕上げに刺身しょうゆをかけて食べる名物「カキフライソフト」にも注目。
車で約30分
7

牛窓オリーブ園


オリーブ畑の山頂には瀬戸内海を一望できる展望台
  • 牛窓オリーブ園
  • 牛窓オリーブ園
  • 牛窓オリーブ園
  • 牛窓オリーブ園
  • 牛窓オリーブ園
  • 牛窓オリーブ園
  • 牛窓オリーブ園
約2,000本のオリーブを栽培する岡山県南の人気観光地。高台から「日本のエーゲ海」と呼ばれる牛窓の美しい景色が一望できます。ショップではオリーブ商品のほか、お土産やオリーブの木も販売。ショップの2Fにはカフェもあり、美味しい珈琲や焼き菓子を楽しめます。
車で約15分
8

夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘


大正ロマンを代表する竹久夢二の生家が美術館に
  • 夢二郷土美術館 夢二生家記念館・少年山荘
今でも多くのファンを持つ竹久夢二が 16歳まで過ごした茅葺きの生家に、素描、版画などが展示された美術館です。「少年山荘」は夢二が晩年自ら設計し東京に建てた、夢二唯一の建築作品とも言えるアトリエ兼住居を復元したものです。母屋隣の納屋を改装したミュージアムショップ&カフェ「椿茶房」では、京都の和菓子作家・杉山早陽子さんが夢二作品をイメージして考案した季節の和菓子が楽しめます。
GOAL
マップを見る

このページを見ている人は、こんなページも見ています