愛宕梨

あたごなし

世界最大級の並外れた大きさが特徴の岡山が誇る梨。
見た目のインパクトだけでなく、香り、風味の良さ、みずみずしい食感はこれまでの梨に比べて格別です。
愛宕梨は、大正のはじめに育成された品種で、育成地の近くにあった「愛宕山」にちなんで、その名が付けられたと言われています。
昭和34年から岡山市の篤農家が研究を重ね、15年がかりで、現在の丸々と大きく太った甘い愛宕梨の栽培技術が確立されました。

基本情報

時期出荷時期:11月中旬~1月上旬

動画