条件を指定して探す
開催日
カテゴリ
エリア
こだわり条件
現在地からの距離
所要時間
検索する
  • 2021年10月
             
               
  • 2021年11月
     
           
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
  • 2022年5月
           
  • 2022年6月
         
       
  • 2022年7月
             
               
  • 2022年8月
     
         
  • 2022年9月
           
     
現在の検索条件:
  • 里山の幸×

幻の栗 哲西栗

生産量が極めて少ないため「幻の栗」とも呼ばれる哲西栗は、大粒で渋皮がむけやすく甘みが強いのが特徴。昭和9年、哲西町上神代の羽場鶴三が、高知県で栽培されていた中国栗品種の「傍士360号」を地元である哲西町に持ち帰り…

海の幸や旬の野菜を華やかに盛りつけた岡山を代表する郷土料理

岡山ばらずしは瀬戸内海の海の幸と旬の野菜を華やかに盛りつけたお寿司。江戸時代、備前岡山藩の初代藩主・池田光政(みつまさ)によって質素倹約が奨励され、「食膳は一汁一菜とする」という倹約令を発布。それに対して庶民が反…

肉食文化のまち津山の郷土料理

そずり肉とは骨の周りの肉のこと。マグロの中落ちのように骨からそぎ落として(津山方言でそずって)使うことからこの名がついた。そずり鍋は現在、様々な部位を削ぎ切りした肉を混ぜて使っている。醤油ベースの出汁に濃厚な旨み…

美咲町産にこだわったシンプルかつ贅沢なごはん

西日本最大級の養鶏場がある美咲町の産みたて卵と、町内で育てられた「棚田米」、地元の醤油を使用し、器も特産品「桜湖焼」を使うなど、美咲町産にこだわったひと品。美咲町出身の偉人・岸田吟香氏が「たまごかけごはん」を愛好…

日本最古の蔓牛

日本最古の蔓牛として知られる千屋牛は、ほどよい霜降りと柔らかい赤身が特徴で、その美味さは絶品で多くの人を魅了しています。

昼夜の気温差が大きく、栽培に適した気候や農家の人々の多大な努力、地域一体となった生産振興体制などが合わさり、「作州黒」と呼ばれるまでに。勝央町を含む、勝英地方の特産品です。未熟果の「黒大豆枝豆」も大粒でコクがあり…

「ヨメナカセ」とは津山地域での牛の大動脈の呼び名。塩・コショウまたはしょうゆで味付けして、一品料理として提供されていることが多い。

肉の旨みをぎゅっと凝縮!津山のお土産ならこれ!

津山名物の干し肉は牛肉ブロックを数日間干して旨味を凝縮させたもの。昔は保存食として食べられていました。スライスして、軽く表面を焼いて食べるととてもおいしいと評判!干してあるといっても、ビーフジャーキーのような固い…

コクのある美味しさはクセになる

岡山県のジャージー牛飼養頭数は蒜山高原を中心として全国1位です。ジャージー牛のミルクは脂肪率が高く、ミネラル分を多く含んでおり、甘くコクがあります。ジャージー牛乳を使った多くの加工品も作られています。

独特の辛さの中にもほのかな甘みのある唐辛子

地元生産組合が丁寧に育てた真っ赤な唐辛子は、風味がよく、石引で作られた一味唐辛子は独特の辛さの中にもほのかな甘みを感じられます。また藁でひとつひとつを結んだ「藁ない唐辛子」は視覚的に見ても楽しめ、消臭効果もありま…

魚介類の刺身や野菜など、旬の食材を使って色鮮やかに仕上げられた寿司。使われる食材は季節に合わせて旬のものが選ばれ、見栄えのよさに定評があります。

津山産小麦「ふくほのか」で作った皮で、津山地域の特産品を包んだ変わり餃子。いろいろなスタイルで楽しめます。

白さ、キメの細かさ、粘り、甘みが特徴のもち米

夏の昼と夜の温暖さが激しい新庄村は、美味しい餅米の生産に最も適した気候条件です。新庄村の「ヒメノモチ」は、旭川の源流であるブナの原生林「毛無山(けなしがせん)」一帯から湧き出る清流、牛肉用の有機堆肥に恵まれた大地…

蒜山の広大な火山灰の土壌で育った甘くてみずみずしい大根。形・色つや・味の三拍子が見事にそろった名品です。

岡山を代表する料理「岡山ばら寿司」をベースに、「金烏城」とも呼ばれる岡山城をイメージした創作寿司。天守閣の黒い壁を表す黒豆と、金色の瓦やしゃちほこを表す金粉と黄ニラを使用し、見た目にもこだわった豪華な新名物です。

牛のすじ肉、アキレス、テールなどをとろ火で煮込みスープ状になったものを冷蔵して固まらせた津山の郷土料理です。

蒜山の名物、生肉ジンギスカン!

蒜山でジンギスカンを始めたのは昭和30年代。ジンギスカンにはあらかじめタレに漬け込んだ「味付ジンギスカン」と、食べる時タレにつける「生肉ジンギスカン」の二種類がありますが、蒜山では「生肉ジンギスカン」が主流です。

あくが少なくねばり強い勝山やまのいも「銀沫(ぎんしぶき)」。とろろご飯やとろろうどん等、勝山の町中で食べられます。

新庄村で生産された品質認定米(上等米)のひめのもちを使用した醤油ベースのお雑煮。きめの細かさ、こしの強さ、甘味の三拍子そろっています。ビックリするほど伸びがあり、醤油とマッチした上品な味わいです。