定番から穴場まで! 浅口市内の桜スポット7選

写真を撮ったり、並木道を歩いたり。桜のシーズンはおでかけしたくなりますよね。地元民がおすすめする浅口市内の桜スポットを紹介します。
2022年3月29日現在、ソメイヨシノは3~5分咲きですので、これからまさに見頃を迎えようとしています。
この記事に掲載されている写真は、ほぼ2021年以前に撮影したものです。
掲載日:2022年03月30日
  • ライター:こばん(小林美希)
  • 4352 ビュー

【定番】金光駅周辺 里見川沿い

JR金光駅南口を出てすぐの里見川沿いに約1kmの桜並木が続いています。ところどころベンチもありますよ。
提灯が飾られており、夜にはライトアップされます。
里見川に映り込む光景にも胸が躍ります。

【定番】丸山公園

JR金光駅から車で北へ約5分のところにある丸山公園。大きな池の周りは桜が美しい散策道になっています。
2022年3月28日に撮影した写真です。南側の駐車場は5分咲きくらいでしたが、ほとんど3分咲きいかないくらいでした。
多くの花見客でにぎわう定番花見スポットです。
2021年に引き続き、酒気を伴う宴会は控えるよう呼びかける看板が設置されています。

【定番】遙照山総合公園

遙照山総合公園の展望台の北側にある芝生もピクニックにぴったり。公園内に桜が植えられています。
瀬戸内海まで展望できる気持ちの良い公園です。

【撮影におすすめ】寄島の昇り桜

撮影スポットとしておすすめなのが、寄島の昇り桜。青佐鼻海岸から北側を見ると、斜面に天に昇る龍のような桜並木があります。坂の上からは、三ツ山と桜のショットが撮影できます。
坂の上には駐車場がないので、青佐鼻海岸の駐車場に車を駐車し、そこから歩いてのぼることをおすすめします。
急な坂道に桜のトンネルが続くフォトスポットです。

【撮影におすすめ】龍宮門

知る人ぞ知る桜スポット、龍宮門。この門は廃寺となった浄土真宗の寺院の唐門で、明治から昭和にかけて学校の校門としても親しまれ、今でも残っています。歴史を感じる門と桜の光景が美しいです。
所在地:浅口市鴨方町鴨方398-1

【穴場】寄島園地

寄島の三郎島にはたくさんの桜が植えられており、見ごろになると丘一体がピンク色に染まります。
三ツ山スポーツ公園の近くと、さらに南に行った三郎浜付近に登山道の入口があります。
展望台や散策道が整備されており、丘にのぼるとベンチなどもあるお花見スポットです。
海と桜の風景を満喫できます。結構、登るので歩きやすい靴でいきましょう。

【穴場】阿部山

阿部山キャンプ場跡が2020年、地域の方々により整備され「阿部山ふれあい広場」となりました。桜が咲き、お花見にぴったりのスポットとなっています。
所在地:浅口市鴨方町小坂東
阿部山にはほかにも桜スポットがあります。こちらはレトロな校舎が美しい阿部山分校。
そして切り枝栽培地にも大きな桜が。阿部山地域には昔、結婚祝いに桜を植える風習があったのだそうです。
車で行く場合は道が狭いので気を付けてくださいね。
ふらっとドライブに。撮影に。桜を楽しみに来てくださいね!

同じテーマの記事

このライターの記事