さわら
刺身と言えばサワラ!と言われるほど県民に愛される海の幸サワラ

春に産卵のために瀬戸内海に入り、冬に瀬戸内海から外海へ出て行きます。お腹の幅が狭いことから「狭い腹」→サワラと呼ばれるようになったと言われています。
岡山では産卵のために瀬戸内海に入ってくる5月頃、真子や白子と一緒に食べる文化があります。

カテゴリ
瀬戸内海の幸

このページを見ている人は、こんなページも見ています