“特別”だから気になる3軒! 里庄町の個性あふれるパン屋さんを訪問

里庄町は実はおいしいパン屋が集まる町、ということを知ってましたか?
看板メニューは全国区!な種類豊富なベーカリーに、お菓子工場のアウトレットショップ内にある本格的なパン工房、とことん自然食材にこだわるベーグル専門店など、それぞれ個性的な3軒のパン屋さんを訪ねました。
掲載日:2020年08月24日
  • ライター:おか旅編集部
  • 1629 ビュー

【1軒目】SOL Bakery(ソルベーカリー)

まずは里庄町役場の近くにある「SOL Bakery」。3年前のオープン当初から、絶えずたくさんのお客さんで賑わう人気店です。店頭に並ぶパンは一日なんと80~100種類! 朝から夕方まで焼きたてが次々と並び、そのどれもが食欲をそそるものばかり。ぎっしり、どっさり、がっつりでボリューミーなパンには男性ファンも多いというのも頷けます。枝豆、ハム、レンコンに2種のチーズが入った具沢山フランスや、軽い口あたりで何個でもイケると評判の大人のクリームパンといった定番人気の商品のほか、パイナップル、キウイ、レモンのドライフルーツ入りのカンパーニュ(7~9月上旬限定)など季節メニューにも注目です。

■岡山県浅口郡里庄町新庄1456-4
TEL 0865-75-0246
営業時間/8:00~18:00
店休日/木曜
駐車台数/14台
※電話にて予約可能(火曜限定の餃子パン以外)

満足感ハンパなし!のラインアップ

こちらのパンはどれもがビッグサイズで具材たっぷり、食べ応え十分です。スタッフによる「サンドウィッチ選手権」で優勝したツナと明太子のクロックムッシュや、リンゴと鳴門金時芋がこれでもかと入ったカンパーニュ、発酵バターを使ったサクサクのミニクロワッサンに、丸ごと1本収まりきらない大きなエビカツやジューシーなチキン南蛮をふわっふわのコッペパンで挟んだサンドなど、豊富なラインアップに心躍ること間違いなし。厨房から鉄板のまま運ばれる焼きたてピザに運良く出会えたら、即買い必至です。

SOL Bakeryの“特別”はこれ!

そんな「SOL Bakery」の特別と言ったらやっぱりこの品! 火曜日限定の餃子パンです。モチモチの生地に肉汁あふれる具材の組み合わせで見事なまでに餃子がパンとして成立したこの店の代名詞。ジャパンベーカリーカップ(調理パン部門)で優勝した逸品は売切必至なので早めの時間に来店するのがおすすめです。そして美味しいのはパンだけじゃない。スイーツ系も見逃せません! さっぱりとしたクリームが夏にぴったりの大人のタルトは見た目も可愛く、手土産にも喜ばれそう。

店主の重冨朋子さん

「ジャパンベーカリーカップ」だけでなく、「テレビチャンピオン 極 パン職人選手権」でも優勝した経験のある重冨さん。パン作りの秘訣を尋ねると、「食べることが好きだから、日常生活での美味しいものとの出会いが新しいパンのアイデアに繋がるんです」と話してくれました。10種類以上ある生地にどんな具材が合うのか日々試行錯誤と挑戦。「満足して欲しいから」と、具材の大きさや量にもこだわっているとのことです。

【2軒目】Café SunLavieen(カフェ サンラヴィアン)

こちらはお菓子工場に隣接するスイーツのアウトレットショップ「Café SunLavieen」内のベーカリー。ショップインショップだからといって侮るなかれの本格的なパンが揃っています。すべてのパンの仕込みから焼成までを店内で行い、ひとつずつ丁寧に手作り。何種類もあるパンの生地によって発酵に使う酵母も変えているというこだわりようです。その噂を聞いて訪れるのは、岡山県内だけでなく隣県の広島、香川など遠方のパン好きたち。倉敷美観地区や笠岡の花畑など、近隣観光の帰りに立ち寄る人も多いそうです。

■岡山県浅口郡里庄町新庄3920
TEL 0865-64-4745
営業時間/9:00~18:30
店休日/ベーカリーは火・水曜休み ※その他は無休(1/1・2は除く)
駐車台数/25台
※土日祝限定商品はFAXにて注文可能(2日前の11時まで)

食事パン、菓子パン、総菜パンetc. バラエティ豊富に

一番人気は北海道十勝産の限定小豆を使った粒あんを包んだあんぱん。ちょっとめずらしい白いあんぱんは、その色だけでなくもっちりとして甘みのある生地も人気の理由です。また、フランス産スペシャル小麦使用のトラディショナルバケットは、このバケット専用の自家製自然酵母を使ってフランスの伝統製法で作られており、食感も風味も本場さながら。忠実に“あの味”が再現された焼きそば入りのお好み焼きパンや、お菓子工場で廃棄になるはずだった膨らまなかったシュー生地やカステラの端を食べて育った美星町産の豚肉「デザー豚」をのせたタルティーヌなど、総菜系の品ぞろえも豊富です。

Café SunLavieenの“特別”はこれ!

工場直営のスイーツショップが同じ建物内にあり、ワッフルやシュークリーム、エクレア、カステラといった商品が驚きのアウトレット価格で購入できるのがサンラヴィアンの魅力です。ホールのチーズケーキやアップルパイのほか、日替わりで登場するおすすめ商品もあるので、パンを買いに行ったらぜひこちらもチェックして。

シェフの森下民裕さん

工房で作っている数種類の自然酵母を使い分け、多彩なパンを生み出す森下シェフ。パンの生地ごとに相性のいい酵母を使い分け、最もおいしい組み合わせを実現しています。シェフ自身が好きだというのは、噛めば噛むほど味わいが増すドイツパンやシンプルなカンパーニュ。国産小麦「ゆめちから」100%のプレミアム食パンやバターの贅沢な風味が広がる黄金クロワッサンなどと共に、土日祝限定で登場するのでお見逃しなく。

【3軒目】Bagel craf+(ベーグルクラフト)

3軒目は週2日だけ営業している「Bagel craf+」。里庄町と浅口市の境に近い県道沿いのお店は、1本のシンボルツリーと赤い郵便ポストが目印です。店に並ぶのは定番メニュー5~6種類に、週替わりの品をあわせて全10~11種類。国産小麦に天然酵母、自然栽培の野菜など安心安全な食材を使ったベーグルが作られています。

■岡山県浅口郡里庄町新庄3607-5
営業時間/水・土曜日の11:00~16:00
店休日/木・金、日~火曜日 ※2020/8/2~9/1は夏季休業
駐車台数/4台
※公式LINE(ID:@074mipvq)にて注文可能
 

こだわり素材で作るベーグル専門店

小麦の味がしっかり分かるプレーンをはじめ、ほろ苦さがクセになる玄米コーヒー、やさしい香ばしさの国産金ごま100%のセサミなどの定番商品。それに加えて枝豆チーズやとうもろこしとクリームチーズなど、旬の野菜を盛り込んだ季節商品も週替わりで登場します。もっちりとした生地は噛むほどに口の中に旨みが広がる滋味深さ。合わせた素材が味のアクセントになったりうまく溶け合ったりと、それぞれの良さが引き出されています。店頭に並んでいるものが無くなったら終了。公式LINE(ID:@074mipvq)で商品のライアンアップを紹介し事前予約も受け付けているので、必ず購入したいという人は必見です。

Bagel craf+の“特別”はこれ!

「Bagel craf+」で特筆すべきは、人参、長芋、りんご、米、きび砂糖を使った野菜中心の自家製天然酵母「楽健寺酵母」。営業日にあわせて毎回丁寧に酵母をおこし、低温長時間発酵で作られるベーグル生地は、ほんのりとした甘みで酵母のちからを感じさせてくれます。

店主の河田宏弥(ひろみ)さん

実は元々はベーグルが苦手だったという河田さん。しかし、たまたま楽健寺酵母を使って作ったベーグルのおいしさに衝撃を受け、ベーグル作りを始めたのだそうです。「体にやさしいものを提供したい」と、無添加・天然酵母はもちろん、作る人の顔が分かる地元産の自然栽培野菜や自身の出身地である笠岡諸島・北木島で知人が栽培しているゴマなど、使う素材にはとことんこだわっています。「プレーンはシンプルに小麦の味が分かるし、ササゲで作る餡のあんバターもおいしいし…、どれもおすすめなんです」と全メニューへの思い入れもひとしお。1人で作っているため、発酵や仕込みにかかる時間を考えて週2日の営業がマスト。一度食べたらその味わい深さにはまるベーグルに、次の営業日が心待ちになります。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事