海と巨石の絶景!白石島トレッキングと見どころスポット紹介

岡山県南西部、瀬戸内海に浮かぶ大小31の島々、笠岡諸島。笠岡市街地の港から船でおよそ45分で行ける「白石島」の絶景トレッキングや、島時間を満喫できるスポットをご紹介します。
トレッキングの写真は2020年9月に撮影しました。
掲載日:2020年11月16日
  • ライター:こばん(小林美希)
  • 817 ビュー

白石島について

笠岡市の笠岡諸島旅客ターミナル「みなとこばなし」がある笠岡港(住吉港)から旅客船、または伏越港からフェリーが出ています。
およそ30分~45分、瀬戸内海の潮風を感じながら船旅を楽しみましょう。
私は愛車と一緒に伏越港からフェリーに乗り、白石島に上陸しました。船に乗った瞬間から、ゆったりとした島時間を感じることができます。
白石島には岡山県の三大海水浴場のひとつ「白石島海水浴場」があるレジャースポット。夏は海水浴を楽しむ観光客でにぎわいます。
また、白石踊という国指定重要無形民俗文化財となっている貴重な踊りが伝わることでも有名です。白石踊は源平合戦の戦死者を弔ったのが起源と言われています。今でもお盆の時期に毎年、砂浜などで披露されます(2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止のためありませんでした)。
白石島といえば、夏の海水浴や白石踊が有名なのですが、今回は夏以外にも楽しめるトレッキングを楽しんできました。

絶景トレッキング

白石島海水浴場付近にある旅館「中西屋」向かって右側にハイキングコースへの入り口があります。
しばらく山道を進むと、途中から気持ちのいい尾根になりました。
巨石がたくさんあり、瀬戸内海の多島美が見渡せてすがすがしい風景が広がっていました。
いたるところに、このような絶景フォトスポットがあります。
断崖絶壁、巨石の先端まで行くのは勇気がいりましたが、ヒヤヒヤしながら記念撮影に成功!(怖くて後ろを振り返ることはできませんでした)
大迫力の「大玉岩」。白石島を代表する巨石のひとつです。こんなに大きな巨石にも、階段のように手足をかけるところが整備されているので登れます。
島全体を一望でき、最高の気分です。
2020年11月28日(土)「紅葉と巨石めぐりの島旅」が開催されます。
秋の白石島の絶景を体感するチャンスです。
・集合時間:9:30(白石島港)
・解散時間:15:30(白石島港)
・参加料:1,500円(保険料込)
・募集人数:10名
・昼食:菜食カレーとコーヒーのセット(別途1,000円税込)または、弁当持参。
※船旅ツアーではありません。各自、島までお越しください。
【問い合わせ先】
 白石島農泊推進協議会 ムヤ歩 080-3838-7898

仏舎利塔

トレッキング中に気になった白い塔「仏舎利塔」に立ち寄りました。開龍寺の境内にあります。
日本で初めてのタイ式仏舎利塔(お釈迦様の遺骨を納めるとされる仏塔)で、昭和43年にタイから住職たちが来島し、その時に仏舎利と1200年前の釈迦如来像一体が開龍寺に奉納されたのだそうです。
3回鳴らす「幸福の鐘」もありました。しっかり鳴らしました。

開龍寺

開龍寺は真言宗のお寺です。弘法大師(空海)が唐から帰国する際に白石島に立ち寄り、修行を行ったと伝えられています。
巨石の中にある奥の院が特に見ごたえがあると感じました。手前は弘法大師(空海)の像です。
奥の院の手前には「不動岩」という岩があります。岩のくぼみに額を当てて、心の中でお願い事を三度唱えてみてください。

菜食茶店 KUa

2020年7月、白石港から徒歩2分のところに、ヴィーガンカフェ「菜食茶店 KUa」ができました。
店主は笠岡市地域おこし協力隊のムヤ歩さん。現在プレオープン中で、木・金曜日 12時~16時営業(不定休あり)。フルオープンはムヤさんが地域おこし協力隊を卒業する2021年夏ごろを予定しています。
​店内は古民家を改装した広々とした空間。改装前に出てきた調度などがディスプレイされており、白石島についてもっと知りたくなります。
ヴィーガンとは、肉・魚・卵・乳製品などの動物性食品を食生活に取り入れないスタイルのこと。
白石島で採れた桑の実ジュースや、カフェインレスコーヒー、有機玄米コーヒーのアーモンドミルクラテ、日替わりヴィーガンランチなどが楽しめます。
日替わりヴィーガンランチをオーダーすると、この日はココナッツとトマトをベースにしたマイルドなカレーでした。
ご飯は黒米と5分つき米。ピーナッツバターカボチャ、ニンジン、店主の畑でとれたシュンギクの素揚げ、そしてエンドウ豆と大豆から作ったソーセージが添えられています。
豆料理は店主の夫の出身地、タンザニアでよく食べられている「レッドキドニー」。栄養価が高く、健康面も考えられています。
野菜本来のおいしさを実感できました。ソーセージはお肉のような食感で美味しかったです。
食材は瀬戸内エリアで生産されたものを積極的に取り入れています。
有機玄米コーヒーのアーモンドミルクラテ。香ばしさと優しい甘さで、ほっと一息つくことができました。
海や山、白石島の大自然を感じたあとは、環境や自分自身についても、ゆっくり考えてみませんか。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事