徳守神社

とくもりじんじゃ
森忠正公によって城下の守護神として造営された神社

聖武天皇の御代天平5年(733)の創祀と伝えられている神社です。当初は現在の津山市小田中の地にありましたが、天文8年(1539)火災に遭い社殿や宝物などことごとく焼失しました。慶長8年(1603)美作の国18万6500石の国守大名として入封した森忠政公(森蘭丸の弟)が津山城を築くにあたり、翌年(1604)現在の地に移して津山城下の総鎮守としました。

エリア
美作
カテゴリ
神社・仏閣

基本情報

住所 〒708-0047 岡山県津山市宮脇町5
電話番号 0868-22-9532(徳守神社)
公式サイト
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
交通アクセス(車)中国自動車道院庄ICから約10分
交通アクセス(公共)JR津山駅から徒歩約15分
駐車場普通車10台

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集