津山城(鶴山公園)

つやまじょう(かくざんこうえん)
桜の名所として知られた津山市のシンボル

「日本100名城」「日本さくら名所100選」に選ばれている津山市のシンボル。本能寺の変で討死した森蘭丸の弟、森忠政が1616年に築城しました。明治の廃城令によって建造物はすべて取り壊されましたが、2005年に築城400周年を記念して備中櫓(びっちゅうやぐら)が復元。10m以上の高さを誇る石垣とともに新たな人気スポットとなっています。また、県内でも1、2を争う桜の名所として知られ、約1,000本の桜が咲き誇る景観は見事です。石垣の上から眺めるライトアップされた桜も圧巻です。

エリア
美作
カテゴリ
城・庭園 紅葉 ロケ地 紅葉

基本情報

住所 〒708-0022 岡山県津山市山下135
電話番号 0868-22-3310(津山市観光協会)
公式サイト
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
営業時間4~9月:8:40~19:00、10~3月:8:40~17:00
※さくらまつり期間中は7:30~22:00
定休日12月29日~31日
料金大人300円、小人(中学生以下)無料
交通アクセス(車)中国自動車道津山IC・院庄ICから約15分
交通アクセス(公共)JR津山駅より徒歩約10分
駐車場普通車30台、バス6台(津山観光センターを利用)
時期桜(サクラ):4月上旬~4月中旬(約1,000本)
藤(フジ):4月下旬~5月上旬(150平方メートル)
ツツジ:4月下旬~5月上旬(約200本)
紅葉:10月下旬~11月中旬

季節情報

桜の最新状況
桜のシーズン
紅葉の最新状況
紅葉のシーズン 例年の見頃:10月下旬~11月中旬

動画

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設