東光寺油地蔵

とうこうじあぶらじぞう

真言宗東光寺の山門外の地蔵堂に祀られ、縁日に油供養を行っていたことから「吉田の油地蔵」として親しまれています。像の左右に残る刻銘から、南北朝時代の1380(康暦2)年に、円仏の発願で造立されたことが分かります。花崗岩製で像高98cm。
自然石の正面に地蔵菩薩立像が半肉彫に彫り出されており、右手に錫杖、左手に宝珠を持つ、いわゆる延命地蔵の相で、重厚な像容です。もとは東光寺の参道口にありましたが、1924(大正13)年に現在地に移転しています。

エリア
美作
カテゴリ
神社・仏閣

基本情報

住所 〒709-4314 岡山県勝田郡勝央町東吉田1073
電話番号 0868-38-3024(東光寺)
交通アクセス(車)中国自動車道津山ICから約20分または美作岡山道勝央ICから約5分
交通アクセス(公共)JR勝間田駅からタクシー約10分
駐車場普通車20台

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集