観光列車「ラ・マル せとうち」で行く!瀬戸内国際芸術祭と岡山・倉敷の旅

観光列車「ラ・マル せとうち」で行く!瀬戸内国際芸術祭と岡山・倉敷の旅
  • 所要時間: 2泊3日コース
  • 主な移動手段: 電車、バス、船
観光列車「ラ・マル せとうち」と瀬戸内の島巡りを楽しみ、さらに、岡山・倉敷の観光スポットも巡るコース。瀬戸内国際芸術祭だけでなく、観光も楽しみたい方におすすめです。
START
1

JR岡山駅(10:11発)ラ・マル せとうち


アートな島への旅気分を盛り上げる列車
  • JR岡山駅(10:11発)ラ・マル せとうち
白い車体の車窓をかばんのように大胆にデザインした列車「ラ・マル せとうち」。車内には、地元特産品のコラボグッズや飲食物を販売するサービスコーナーや自転車を持ち込めるサイクルスペースも設置。窓側向きのカウンター席もあるので、車窓からの景色を楽しみながら宇野へ。
約1時間
2

JR宇野駅(11:10着)


  • JR宇野駅(11:10着)
JR宇野みなと線では、アート作家エステル・ストッカー氏による駅アートを楽しめます。
3

宇野港周辺のアート散策


  • 宇野港周辺のアート散策
宇野港周辺の沿岸や主に児島湖で集められた漂流物で制作されたオブジェ「宇野のチヌ」は、第1回の「瀬戸内国際芸術祭2010」で生まれたもの。世界の各地から海を渡って瀬戸内に漂流した廃棄物が新たなフォルムとなり、アート作品として宇野港に展示されています。また、隣にある「コチヌ」は2016年に誕生し、頭からお尻へ抜ける滑り台付です。
4

宇野港(13:00発)


  • 宇野港(13:00発)
「宇野港」から直島の「宮浦港」へ移動。
四国汽船:087-892-3104
高速船約15分
5

直島(13:15着)


  • 直島(13:15着)
「現代アートの島」として、世界中から旅行者が訪れる直島では、穏やかな瀬戸内の海と自然に調和したアート作品を鑑賞しながらの島歩きが楽しめます。玄関口となる宮浦港周辺には、バスターミナルをはじめ、レンタサイクルや飲食店、土産物店もあり、岡山県側の宇野港からフェリーでのアクセスが便利です。
フェリー約20分
6

宇野港(16:55着)


  • 宇野港(16:55着)
直島の「宮浦港」を16:35に出発して、宇野港へ。
四国汽船:087-892-3104
約5分
7

瀬戸内温泉 たまの湯


  • 瀬戸内温泉 たまの湯
  • 瀬戸内温泉 たまの湯
  • 瀬戸内温泉 たまの湯
  • 瀬戸内温泉 たまの湯
  • 瀬戸内温泉 たまの湯
  • 瀬戸内温泉 たまの湯
  • 瀬戸内温泉 たまの湯
瀬戸内海を行き交うフェリーが目の前に見え、直島など瀬戸内の島々を一望することができる温泉施設。
塩サウナ、ロウリュウサウナ、棚田の湯など多くの風呂を完備しています。建物は庄屋造りの雰囲気で、素朴な穏やかな時間が流れる非日常的な空間を楽しめます。
8

玉野市内(宿泊)


  • 玉野市内(宿泊)
玉野市の宿泊予約はこちらから
(モバイルの方はこちら
9

宇野港(8:40発)


  • 宇野港(8:40発)
「宇野港」から豊島の「家浦港」へ移動。
小豆島豊島フェリー:0879-62-1348
家浦港へ高速船約25分
10

豊島(9:05着)


  • 豊島(9:05着)
「豊島美術館」「豊島横尾館」などがあり、直島とともに現代アートの島として知られていますが、なだらかな島の斜面に広がる美しい唐櫃(からと)の棚田や、青い海と白い砂浜が広がる神子ヶ浜などの海水浴場など、自然美も満喫できます。
高速船約25分
11

犬島(12:50着)


瀬戸内海に浮かぶアートの島として注目!
  • 犬島(12:50着)
  • 犬島(12:50着)
  • 犬島(12:50着)
  • 犬島(12:50着)
  • 犬島(12:50着)
豊島の「家浦港」を12:25に出発して犬島へ。
四国汽船:087-892-3104
岡山市東部、宝伝の沖約3kmに浮かぶ犬島は岡山市唯一の有人島です。近代産業遺産でもある銅の精錬所跡を再生した「犬島精錬所美術館」や、犬島の集落で展開される「家プロジェクト」など、アートの島として注目を集めています。島の豊かな自然を満喫しながらのキャンプや海水浴、シーカヤック体験などの楽しみがいっぱい!
12

犬島精錬所美術館


犬島に残る銅製錬所の遺構を保存・再生した美術館
  • 犬島精錬所美術館
「遺産・建築・アート・環境」による新たな地域創造のモデルとして循環型社会を意識した美術館です。犬島精錬所美術館の敷地内にある製錬所跡は、2007年度経済産業省 地域活性化のための「近代化産業遺産群33」に認定されました。
また、2009年、産業遺産を活用したアートの島として、国土交通省「島の宝100景」に選ばれました。
写真:犬島精錬所美術館 阿野太一
約10分
13

宝伝港(15:45着)


  • 宝伝港(15:45着)
「犬島港」15:45発の高速船に乗って「宝伝港」へ。
あけぼの丸:086-947-0912
「宝伝港」から15:50発「西大寺駅」行きのバスへ乗車。
東備バス:0869-34-2049
約20分
14

JR岡山駅


  • JR岡山駅
JR西大寺駅から赤穂線に乗りJR岡山駅へ。
JR岡山駅バスターミナル1番乗り場から約13分
15

岡山後楽園


夜間特別開園「幻想庭園」
  • 岡山後楽園
岡山藩2代目藩主・池田綱政が自ら憩いの場として築いた大庭園。季節の花が彩る広々とした園内は江戸時代さながらの別世界。1952年には歴史的文化遺産として“特別名勝”に指定され、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは三つ星の評価を得ています。
春・夏・秋と開園時間を延長し、夜間特別開園「幻想庭園」を行っているので、夜の庭園を楽しんでみては。
[2019年]
春:4月26日(金)~5月6日(月)18:00~21:30
夏:8月1日(木)~31日(土)18:00~21:30
秋:11月15日(金)~24日(日)17:00~20:30
16

岡山城(烏城公園)


夜間特別会館「烏城灯源郷」
  • 岡山城(烏城公園)
豊臣秀吉の家臣で豊臣五大老の一人・宇喜多秀家が築城した城。めずらしい不等辺五角形をした三層六階建ての天守閣は威厳のある佇まいで、黒い下見板張りの外観から、別名「烏城(うじょう)」と呼ばれています。最上階からは眼下に旭川を望み、岡山後楽園と市街地を360度見渡せます。
春・夏・秋と会館時間を延長し、夜間特別開館「烏城灯源郷」を行っています。
[2019年]
春:4月26日(金)~5月6日(月)18:00~21:30
夏:8月1日(木)~31日(土)18:00~21:30
秋:11月15日(金)~24日(日)17:00~20:30
17

岡山市内(宿泊)


  • 岡山市内(宿泊)
夜の岡山後楽園・岡山城を満喫した後は、岡山市内に宿泊。

岡山市の宿泊予約はこちらから
(モバイルの方はこちら
JR岡山駅からJR倉敷駅まで約17分、JR倉敷駅から徒歩約10分
18

倉敷美観地区


倉敷らしいフォトジェニックな風景に出会える観光地
  • 倉敷美観地区
  • 倉敷美観地区
  • 倉敷美観地区
  • 倉敷美観地区
  • 倉敷美観地区
  • 倉敷美観地区
白壁の蔵屋敷、なまこ壁、柳並木の風景、情緒豊かな町並みが楽しめる倉敷美観地区。伝統的な建物が作り出す町並みや、倉敷川沿いのレトロモダンな風景が、世界中の人を魅了し続けています。「倉敷帆布」「倉敷デニム」といった倉敷ブランドが揃うおしゃれなショップや町家を改装したカフェなどが軒を連ね、1年中たくさんの観光客で賑わいをみせています。大原美術館、アイビースクエアなどの文化施設も多く集まり、1日中散策しても飽きないエリアです。
19

大原美術館


倉敷美観地区のシンボル的な人気観光施設
  • 大原美術館
  • 大原美術館
  • 大原美術館
  • 大原美術館
  • 大原美術館
  • 大原美術館
  • 大原美術館
  • 大原美術館
  • 大原美術館
  • 大原美術館
1930(昭和5)年に設立された日本初の私立西洋美術館。倉敷の文化発展に貢献した事業家・大原孫三郎によって創立されました。本館にはエル・グレコ作『受胎告知』、クロード・モネ作『睡蓮』、ルノワール、ゴーギャンなど、有名な西洋の名画が数多く展示されています。ほかにも、エジプト古代美術、西洋現代美術、日本近代・現代美術など約3,000点の美術品を収蔵。倉敷美観地区を訪れた際には、必ず立ち寄りたい観光スポットのひとつです。

【大原美術館の建物について】
設計者の薬師寺主計は、設立者である大原孫三郎が社長を務める倉敷絹織株式会社に入り、大原の片腕として同社や大原家が関係する数多くの建築物を手がけました。
玄関の巨大な柱は、一見大理石に見えますが実は鉄筋コンクリート造で、石の粉をモルタルに混ぜており、左官技術によって施されています。
建築家/完成年:薬師寺主計/1930年・分館 浦辺鎮太郎/1961年
見学・撮影について:館内撮影不可
JR倉敷駅から約17分
20

JR岡山駅


  • JR岡山駅
【新幹線の最終時刻】
 岡山 20:36 → 東京 23:45
 岡山 21:44 → 名古屋 23:20
 岡山 22:48 → 新大阪 23:37
 岡山 20:44 → 鹿児島中央 23:40
 岡山 22:12 → 博多 23:54
 岡山 23:15 → 広島 23:55
GOAL
マップを見る

このページを見ている人は、こんなページも見ています