宇野のチヌ

うののチヌ

宇野港周辺の沿岸や主に児島湖で集められた漂流物で制作されたオブジェ「宇野のチヌ」(淀川テクニック作)は、第1回の「瀬戸内国際芸術祭2010」で生まれたもの。世界の各地から海を渡って瀬戸内に漂流した廃棄物が新たなフォルムとなり、アート作品として宇野港に展示されています。また、隣にある「コチヌ」は2016年に誕生し、頭からお尻へ抜ける滑り台付です。

エリア
備前
カテゴリ
アート・オブジェ

基本情報

住所 〒706-0002 岡山県玉野市築港1丁目
電話番号 0863-33-5005(玉野市商工観光課)
公式サイト
交通アクセス(車)山陽自動車道岡山ICから約55分
交通アクセス(公共)JR宇野駅から徒歩約7分
駐車場付近のコインパーキングをご利用ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設