大迫力!親子で大興奮の巨大オブジェがあるスポット6選

遠くからでも見える巨大なオブジェ、そのインパクトは見ているだけでワクワクするもの。迫力のある佇まいに写真を撮らずにはいられないでしょう。今回は大人も子どもも楽しめる岡山の巨大オブジェを集めてみました!
掲載日:2021年12月28日
  • ライター:山下香
  • 2979 ビュー

恐竜公園(笠岡市)

笠岡市のカブトガニ博物館に隣接する「恐竜公園」は、実際の大きさを再現した恐竜たちが展示されています。全部で7種類8体もの大きな恐竜がたたずんでおり、リアルな顔や模様が迫力満点!自然たっぷりの公園が背景となり、躍動感のある恐竜たちは今にも動き出しそう。恐竜時代にタイムスリップしてきたかのようなワクワク感を味わえるでしょう。
恐竜に興味を持ちだした子どもを連れ出すと、大喜びどころか大泣きでした。(汗) 本やテレビで見る恐竜は、想像より大きかったみたいです。 写真映えもするスポットなので、ぜひカメラ片手に出かけてみてください。

所在地:笠岡市横島1956-2

鬼ヶ嶽(美星町)

美星町にある鬼ヶ嶽は、美川山沿いにある渓谷美が有名。紅葉の季節になると紅々とした美しい景色を見に、多くの人の足を運んでいます。以前は「鬼ヶ嶽温泉」として多くの人を癒していましたが、現在は閉館しています。そんな鬼ヶ嶽温泉の名残を感じさせる巨大な鬼の銅像がインパクト大!
鬼ヶ嶽を見張っているような鬼の後ろ姿はなんとも雄々しく、哀愁をも感じさせるたたずまい。これからも鬼ヶ嶽を見守ってほしいものです。
少し進むと温泉に浸かって気持ちよさそうな鬼にも出会いました。道沿いに突然現れる温泉鬼は、道行く人の心をほっこりさせてくれそうですね。


所在地:井原市美星町烏頭 鬼ヶ嶽の山中

宇野港(玉野市)

玉野市の宇野港にある「宇野のチヌ ©淀川テクニック」は、アートな巨大オブジェ。主に宇野港周辺の沿岸や児島湖の漂流物を集め、淀川テクニックさんによって制作されました。漂流物はキレイに色分けされてとってもカラフル。写真映えすること間違いなしでしょう。
チヌのそばにはコチヌもおり、コチヌは頭からお尻にかけて滑り台となっています。子どもは嬉しそうに何往復もしていました。
チヌが制作されたのは第1回「瀬戸内国際芸術祭2010」、コチヌはその6年後に制作されました。チヌとコチヌのうろこ(漂流物)部分は、よく見るとお馴染みのキャラクターアイテムがあったり、今も多くの人に愛用されている洗剤容器だったりと、色々な発見が楽しいオブジェです。

所在地:玉野市築港1丁目 宇野港の駐車場内にて

山田養蜂場みつばち農園(鏡野町)

山田養蜂場みつばち農園の施設内には、実物の約200倍ある巨大ハチのオブジェがあります。普段見られないようなハチの顔や細かい肌表面などがとってもリアルで迫力大!今にも飛んできそうな巨大ハチに子どもの表情は引きつっていました。(笑)

所在地:苫田郡鏡野町塚谷785-1
TEL:0868-54-5515

山田養蜂場お菓子工房 ぶんぶんファクトリー

山田養蜂場みつばち農園から少し離れた場所にある「お菓子工房 ぶんぶんファクトリー」でも大きなハチを発見!ぶんぶんファクトリーのたくさんのハチは、真ん中の嬢王バチを囲んでいるようでした。360℃どこから見ても面白いハチのオブジェ、写真はベストなアングルを探ってみてください。そんな外観の迫力と打って変わり、店内から香るはちみつの甘い匂いに吸い寄せられてしまう自分も、まるでミツバチになったような気分に…♪ (はちみつポップコーンが自然な甘さでおすすめです!)

所在地:苫田郡鏡野町円宗寺51-1
TEL:0868-54-3855

日本一の巨大桃(赤磐市)

遠目からでも分かるピンク色の丸…。その正体は「巨大桃」です!日本で一番大きい桃は、赤磐市の名物シンボルにもなっています。
近くで見るとこんな感じ!そう、巨大桃の正体はオブジェではなく、ガスタンクなのです。古くからある桃の産地、高倉山のふもとに出現した日本一の桃は季節によって見え方が変わり、道行く人を楽しませています。

所在地:赤磐市鴨前914

道の駅 久米の里(津山市)

道の駅 久米の里に堂々とたたずむ巨大モビルスーツは圧倒的なインパクト!誰もが一度は乗ってみたいと夢見たであろう巨大ロボットを、今や画面越しではなく実体かつ至近距離で見られる時代に。当時ガンダムを見ていた人ならなおさら興奮冷めやらぬオブジェではないであろうか。ガンダムを知らない子どももその迫力に「カッコイイ!」と言わずにはいられないはず!親子で大迫力の巨大オブジェを堪能してください♪

所在地:津山市宮尾563-1
TEL:0868-57-7234
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事