岡山のテイクアウト和スイーツ!冬に食べたいふうまん&たい焼きが買えるお店

岡山県では、大判焼きを「ふうまん」と呼ぶ風習があり、筆者も幼いころから「ふうまん」として覚えて育ちました。諸説あるようですが、かつて上下の生地ではさんで焼くことから「夫婦饅頭」として知られ、略して「ふうまん」と呼ばれるようになったという説があるようです。今でも「ふうまん」は手軽に食べられる和スイーツとして慣れ親しまれていますね。そんな手軽に食べられる和スイーツといえば、たい焼きも大人気。特に気温が下がるこの季節にホクホクと食べたくなるという人はきっと多いはず…!今回は岡山県で大判焼き&たい焼きが買えるお店を紹介します!
掲載日:2021年12月15日
  • ライター:山下香
  • 2808 ビュー

味よしの横綱まんじゅう(津山市)

地元の人をはじめ、多くの人に長く愛されている「横綱まんじゅう」のふうまん。歴史ある人気観光スポット津山城(鶴山公園)の近くにあるため、桜や紅葉などといった季節の風物詩を楽しみたい人も買いに訪れていますよ。季節問わず1年中焼き続けているため、食べたいときに食べられるという点も喜ばれている理由です。
「横綱まんじゅう」のふうまんは、このかっこいい【鷹の羽違い】の焼き印が特徴。薄めに焼き上げられた生地の中にはたっぷりのあんこが入っています。白あんと黒あんが相撲においての勝敗を表しており、こだわりの詰まったふうまんです。甘さ控えめのあんで、昔ながらの味わいを楽しめるでしょう。白あんと黒あん、1つ100円で売られています。津山に来たなら食べておきたい地元のソウルフードです。

【味よしの横綱まんじゅう】
所在地:津山市京町59
TEL:0868-22-0445

オリンピック商会(倉敷市玉島)

玉島の通町商店街のそばにある「オリンピック商会」。目の前には海に繋がる川、玉島の街並みを眺めながらのんびり散策できるような場所に位置しています。地元の人が列をなしてでも買いに来るオリンピック商会のふうまんは、玉島名物として知られていますよ。夏には手作りシロップを使ったかき氷も販売されており、子どもたちからも愛されている老舗です。
オリンピック商会のふうまんは、あんこの他に鮮やかな緑色をしたうぐいす餡が特徴。うぐいす餡とは、青えんどうを潰して甘く煮たあんこ。もっちりとした生地に甘さ控えめの餡がたっぷりと包まれており、老若男女問わず愛されています。1つ100円です。

【オリンピック商会】
所在地:倉敷市玉島3-1-1
TEL:086-522-2511

えびす饅頭(倉敷市)

倉敷駅のえびす商店街にある「えびす饅頭」。店のそばを通ればふうまんが焼ける美味しそうな香りが広がり、行き交う人たちが列を作ります。夏の間はお休みされており、普段からえびす商店街を通る人たちにとって、冬の楽しみのひとつになっているのだそう。
えびす饅頭では定番のあんこのみの販売。少し小ぶりで持ちやすいサイズ感なのが特徴。カリっとした生地に包まれているのは見た目には想像もできないほどのたっぷりのあんこ!一口頬張れば溢れてしまいそうな量でした。1つ90円とリーズナブルなのも人気の秘密。すぐに食べるのも良いですが、たっぷりのあんこはスペシャル感があってお土産として持っていくのも喜ばれそうですね。

【えびす饅頭】
所在地:倉敷市阿知2-16-37
TEL:086-424-4458

日本一たい焼き 岡山街道建部店(岡山市)

岡山市建部町にある「日本一たい焼き」。大きな看板なので見たことある人も多いと思いますが、実は全国に展開されているたい焼きの人気店です。売り切れてしまい、通常閉店時間より早く閉店することもしばしば。特に休日は多くのお客様でにぎわっています。
岡山県内には他に、「岡山周匝店」「岡山真庭ロマンチック街道店」があります。
日本一たい焼きのたい焼きは、生地がパリッとしていて頭の部分からしっぽの部分まであんこがたっぷりと入っています。あんこの他にカスタードと白あんがあり、白あんは1日100匹限定なのでお早めに…!生地が薄皮なのでペロッと食べられちゃいますよ。1つ170円です。

【日本一たい焼き】
所在地:岡山市北区建部町吉田1168
TEL:0867-22-3707

鳴門鯛焼本舗 (井原市)

井原市の街中にある「鳴門鯛焼本舗」。こちらも全国区で店舗を展開しているたい焼き店。一丁ずつ丁寧に焼き上げる一丁焼き製法の「天然たい焼き」なので、注文後に少し待つ場合も。こだわりのたい焼きを自分へのご褒美として堪能したい人には特におすすめです。
鳴門鯛焼本舗にはあずきの他に、濃厚なプレミアムカスタードと最高峰の鳴門金時いもがあります。せっかくなので鳴門金時いもを注文してみました。薄皮の生地にたっぷりの餡が包まれており、鳴門金時いもの深みある甘味をしっかりと感じられます。コーヒーにも合いそうな大人の味わいです。あずきは1つ220円、カスタードは1つ260円、鳴門金時いもは240円でした。他にもアイスもなかやわらび餅もあり、たい焼きを筆頭に幅広い世代から人気を集める和スイーツ店です。

【鳴門鯛焼本舗】
所在地:井原市笹賀町457-1
TEL:0866-63-0055
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事