千屋牛・ピオーネ・ワイン・キャビア…「A級グルメ」に紙すき体験、新見で味わうスペシャルな旅!

全国各地にある「B級グルメ」、庶民的なご当地食という意味合いですが、岡山県の北西部のまち、新見にあるのは「A級グルメ」!
自信に溢れるその名の通り、豊かな自然の恵みから生まれた極上の逸品が、新見にはたくさんあるんです。
今回は新見のイベント情報発信サイトを運営する団体「Re:new」のいつかさんの案内で、A級グルメを楽しみながら、紙すき体験にチャレンジする女子旅をしてきました。
平成30年7月豪雨に伴い運転見合わせとなっていたJR西日本「芸備線」と「姫新線」が、8月31日に運転を再開し、アクセスしやすくなった新見。ぜひこれを機にお越しください!
掲載日:2018年09月01日
  • ライター:こばん(小林美希)
  • 3516 ビュー

新見のA級グルメ①「千屋牛」焼肉レストラン千屋牛

日本最古の蔓牛「竹の谷蔓」の系統をひく、優秀な黒毛和種、まさに和牛のルーツとも言えるのが「千屋牛」です。ほどよい霜降りと赤身が特徴の、柔らかくて美味しいブランド牛。
新見といえば千屋牛!なのでランチは千屋牛がいいな…と思っていましたが、A級グルメだから、手が届かないかも…?と心配していたら、とてもお得に千屋牛がいただけるお店があると、いつかさんが教えてくれました。
それがJA直営の「焼肉レストラン千屋牛」です。直営牧場から仕入れる新鮮なA5・A4以上のお肉を使われているそう…!
しかも、焼き肉、ステーキ、牛丼、カレー、ホルモンうどんなど、メニューのバリエーションが豊富で驚きました。
千屋牛焼き肉定食は、880円。厚めに切られた千屋牛は食べ応え抜群!
こちらは千屋牛ダムカレースペシャル、1,250円。
よく見ると、牛の姿をしています。かわいい!
カレールーにも千屋牛スジ肉が入っています。
ボリューミーな牛丼は、なんとワンコイン500円!
めちゃくちゃお得に千屋牛を味わえます。

新見のA級グルメ②「ピオーネ」

「焼肉レストラン千屋牛」があるJAあしん広場には、ふれあい市場・特産館もあります。
ぜひ旬のフルーツやお土産を見て行ってください。
私が訪れた8月20日には、美味しそうな桃がずらり!
残念ながらピオーネは並んでいませんでしたが、9月9日から露地物(ビニールハウスではない畑で栽培したもの)が並び始める予定のようです。
新見市でのピオーネ栽培は、標高400~500mの石灰岩地帯からなるカルスト台地で行われています。
土の水はけがよく、また、日照時間が長く、寒暖差が大きい気候により、粒が大きい良質なピオーネが出来上がります。
せっかくなので、私は新見のピオーネジャムを買って帰りました。

新見のA級グルメ③「ワイン」domaine tetta

「domaine tetta」は、まるで美術館のような、凛としたワイナリー。中にはカフェもあり、ワインやお食事を楽しめます。ワインの購入も可能です。
(画像提供:domaine tetta)
新見市のぶどうの栽培に適した土地と気候を活かし、「高品質なぶどうから、上質なワインづくりを」と挑戦されています。
domaine(ドメーヌ)とは、ブドウ畑を所有し、ブドウの栽培・醸造・熟成・瓶詰までを行う生産者のこと。ワインづくりの全ての行程を、新見市哲多にある自社で行っています。
(画像提供:domaine tetta)
耕作放棄地になっていた元々ぶどう農園だった場所で、2009年にゼロからワインづくりをスタートし、2017年、ついにファーストビンテージがリリースとなりました。
新見の土地の利を活かし、こだわりぬいた努力の結晶であるワインを求め、遠方からもお客様がいらっしゃいます。
カフェからはガラス越しにワイナリーを見学することもできます。
かわいらしいオリジナルグッズも人気で、いつかさんはTシャツと缶バッジを購入していました。
私は白ワインを購入しましたよ!

新見のA級グルメ④「キャビア」MSファーム

これぞ新見のA級グルメ、世界三大珍味のひとつでもある「キャビア」!
新見の高梁川では、全国的にも珍しいチョウザメの養殖が行われています。
「MSファーム」ではチョウザメの見学が可能。
「雄と雌はおなかを開いて分けていくんですよ」「このチョウザメは今7歳くらいです」と、スタッフの方の説明を聞きながら見学できます
私はチョウザメは鮫の仲間だと思っており「絶対に噛まれないようにしないと」と緊張していましたが、なんと鮫の仲間ではないそうです。(しかも、歯はないそうで、驚きました。)
小さなチョウザメを触ることができます。鮫ではありませんが、ザラザラとした「鮫肌」でした。
キャビアや、チョウザメ肉も購入できます。写真は自宅での食事の様子で、チョウザメ肉にキャビアを乗せてみました。
キャビアは防腐剤無添加・低塩分で非加熱で、キャビア本来の味わいが楽しめるよう作られています。
10g 6,480円と高級品です。「何年もかけてやっと採れるキャビアだから高級品なのだな」と実感しました。
一般庶民の私がキャビアを食していいか悩みましたが、ちょっと背伸びをして購入し、後日、白ワインとともに楽しみました。
(ピオーネジャムも一緒にいただきました。新見A級グルメディナーです!)

夢すき公園

A級グルメとは違いますが、案内していただいた「夢すき公園」が素敵だったのでご紹介します。
三つの水車が連なる「日本一の親子孫水車」(一番大きな水車は13.6m)があり、園内の「紙の館」では古くから備中北部に伝わる「奥備中神代和紙」の歴史について知ることができます。
また、事前予約制で、紙すき体験ができます。
うちわ600円、色紙500円、はがき300円。
私ははがきにチャレンジしてみました。シンプルに葉っぱは1枚、最後の色づけまでこだわってみました。
新見めぐりのいい思い出になりました。

新見のイベントは「Re:new」でチェック!

今回の旅は、新見のイベント情報発信サイトを運営する団体「Re:new」のいつかさんが案内してくださいました。
いつかさんは、生粋の地元新見っ子。新見市内のイベント情報・見どころを発信されています。
新見へお越しの際は、ぜひイベント情報も併せてチェックしてみてくださいね!
▼Re:newホームページ
マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事