まだまだ知らないスポットがいっぱい!勝山のニュー&ディープスポット3選

のれんの町並みで有名な勝山。
それぞれ建物の玄関にかかる暖簾は、この保存地区に住んでいる草木染作家の加納さんの手作り。
さながら通り全体が暖簾ギャラリーのようで、その暖簾のデザインを見ながら歩くだけでも楽しむことができます。

勝山は現在も移住される方やUターンされる方が後をたたず、活気に溢れ毎年のように新しいお店が誕生しています。
今回はそのお店をいくつかご紹介します。
掲載日:2019年10月25日
  • ライター:藤田亮太
  • 793 ビュー

空家利活用のフリースペース「FUNAYADO」

まずは町並み保存地区内にあるレンタルスペースFUNAYADO。

空家を改装したこの場所は2019年5月に誕生したばかり。
一般社団法人やまのふねが管理しており、代表の黒川さんが窓口となっています。

建物はオフィス部分とレンタルスペースが2部屋あります。
レンタルスペースの広さは、4m×5mの約20平方メートルです。

以前は高瀬舟の船頭さん休憩する場所

もともとこの建物は旭川を行き交う高瀬舟の船頭さん休憩する場所として使われていましたが、長らく空家になっていました。

勝山はのれんの町並みも綺麗なんですが、実は川の反対側から石垣と白壁の景観も綺麗で地元の小学生が写生するときによくモチーフにされていたそうです。

なんとかこの景観を残したいという地元の人たちの思いがあり、修繕しフリースペースとして活用することになりました。

代表の黒川さんは大阪出身

その地元の人たちが会議を重ねる様子を間近で見ていた黒川さん、その熱意溢れる姿に改めて、勝山の人たちはかっこいいなぁと感じたそうです。

黒川さんももともとは大阪出身で勝山に来られたそうですが、勝山への移住者が増える理由が垣間見れた気がしました。

BBQや音楽イベントまで!

勝山はクラフトの町なので地元の人たちが創作活動をするのに利用されているそうです。
また、BBQをしたり、音楽イベントをしたりすることもあるんです。
土間がつなぐ、内と外の緩やかな空間がとってもいい雰囲気ですよ。

店舗情報

住所:真庭市勝山201
電話:090-3103-2848(くろかわ)
基本時間:9:00~17:00
・レンタルスペース2室
・Free WiFi、AC電源、机・椅子あり
・敷地内に給湯設備、トイレ、広場あり
・エアコン完備(1,000円/日)

料金(税込)
・1日 ものづくり2,000円、一般3,000円
・1週間 10,000円
時間単位や長期料金はお問合せください。
宿泊・送迎・通訳などの相談も承ります。

AREAREA(あれあれあ)

真庭市の地域おこし協力隊の小柳さん(通称なぎさん)が運営する週末限定のカレー屋さん、AREAREA(あれあれあ)です。
軒先には勝山の顔、オリジナルの「のれん」が掛かっています。

ユニークなお店の名前は以前同じ場所にあった和食屋さんの屋号をそのまま引き継いでいるそうです。
アート好きの家主さんだったそうで、画家ゴーギャンの絵画「アレアレア」からとっているとのこと。

タヒチ語で、「幸せな場所、みんなが集う場所、笑い話」などの意味がありそんな場所になればいいなぁという想いで前店主が付けられた名前を気に入ってそのまま使っているそうです。

店内にはポップな色の椅子と現代アートでワクワク

ポップな色のイスや壁に架けられた現代アートの作品が目を引く店内には直接インドから取り寄せているスパイスと古伊万里の皿、アンティークガラスの酒器が並びます。

カレーは季節によってスパイスの調合具合を微妙に変えて、その季節にピッタリのスパイシーなカレーが楽しめます。


ここで辛いのはちょっと苦手、、、
と思った、そこのあなた!!


スパイシーと言っても、単純に「辛い」というわけではなく、口に入れた瞬間から鼻孔を通って抜ける爽やかな爽快感と、そのあとじんわりくるスパイスの辛味とで、2段階のうまさを楽しむことができる香気溢れるカレーなのでご安心ください。

店主のなぎさんはスパイスについて詳しいだけでなく、元バーテンダーでもあるのでお酒やオリジナルカクテルの話も聞かせてくれるかもしれませんよ。

お店の状況を見計らって是非「なぎさ〜ん」と話しかけてみてください。
見た目よりずっと気さくです(笑

店舗情報

住所:真庭市勝山237
営業日:土、日曜日
営業時間:11:00〜17:00(販売数に限りがありますので、閉店時間より早く閉まることもあります。閉店間際にお越しの際は確認をお勧めします。)
問合せ先:090-7634-6915(小柳おやなぎ)
お電話の際は「おか旅のページを見た」とお伝えください。

町並みからはちょっと離れて、神庭の滝の「滝の茶屋」

勝山のまち並みから少し離れますが、近くには「日本の滝百選」に選ばれた名勝「神庭(かんば)の滝」があります。
その駐車場にある休憩どころ「滝の茶屋」がこの度プチリニューアルされました。

目を引く手書きの黒板メニュー

お店入って正面にある黒板の手書きメニューが目をひきます。

お店のメニューは、どれもこだわり満載ですが、これからの季節は、北海道産小豆と新庄村産ひめのもちを使ったぜんざいや、信州の厳選そば粉をオリジナル・ブレンドし、石臼で粗挽きした手打ちそばが絶品で、おすすめとのことです。

店内は可愛い装飾

店内は、かわいい演出で、お土産が並べられていて、お料理に使われる器や、飲み物の器は、店主の選りすぐりの器で、すべてが個性的でとってもかわいいです。

おすすめは、ソフトクリーム。
こちらのソフトクリームは地元、醍醐桜のジェラート屋さんの自家牧場ジャージーミルク100%使用のソフトクリームとメープルシロップ味のコーンの組み合わせで、ここでしか味わえないプレミアムソフトクリームで大人気だそうです!

ちなみに、その醍醐桜のジェラート屋さんはジェラートワールドツアーで全国第3位に入賞されました。

店舗情報

住所:真庭市神庭201
定休日:火・木曜日
営業時間:11:00~17:00(12月中旬~2月末まで、冬期休業予定です。)

店主の梅原さんのファンも多く、話を聞いてもらいに来るリピーターもいるそうです。
真庭の見所も教えてくれますよ。

地図

マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事