リノベした保育園で世界の旅人が伝える料理が食べられる「旅人食堂」

どうも、県北ライターの藤田です。
岡山県北の小さな町で、世界の家庭料理が食べれるなら行ってみたくないですか?
真庭市北房にある使われなくなった保育園を利活用したカフェ、旅人食堂では、ユニークなコンセプトで世界の料理を提供しています。
今回はその旅人食堂の魅力をお伝えします!
掲載日:2019年12月16日
  • ライター:藤田亮太
  • 1204 ビュー

上り口の看板を目印に坂を上がると、

※2019年12月から定休日が、日・月に変更になっていますのでご注意ください。

コアラの駐車場表示がお出迎え

北房の町の通りから脇道に外れたところから坂を上がっていくので、ちょっとわかりにくいのですが、目印の看板を頼りに進んでいくと、コアラちゃんの駐車場表示がお出迎えです。

元保育園、ということで当時の名残を色濃く残しています。駐車場は4、5台が駐車できます。

どこからどうみても、保育園!

外観はまさに保育園!

遊具の数々

園庭の遊具も保育園のまま!!

こちらの遊具は自由に使って良いとのことなので、お子様連れのお客様には嬉しいですね。
大人の方も、頑張れば遊べる遊具もあって、童心に返れるかも?
※くれぐれも無理して遊んで遊具を壊さないようにご注意くださいね。

食堂入り口

食堂入り口には温かみのある黒板メニューにわかりやすく商品の写真が載っています。
入り口横にはメニュー詳細もあります。

店内の様子

カウンター席とその手前に4人がけテーブルが2つ。
そして奥は光がしっかり差し込む明るいソファー席が2つ。
天気のいい日は断然このソファー席がおすすめです。

カフェのオーナーは真庭地域おこし協力隊OBのカンさん

このカフェのオーナーは真庭市の地域おこし協力隊OBのカンさん。
カンさんはこのカフェの近くにインターナショナルシェアハウス「テ(照)ラス」も運営されています。
そこではワーキングホリデーなどで世界各国から来日された人が暮らしていて、この「旅人食堂」のもともとのコンセプトは、シェアハウスを訪れた旅人が、地元の食堂で営業時間外にその場所を借りて、地域の食材で母国の家庭料理を作って住民に提供する、というものでした。
それが発展して、現在は使われなくなった保育園を利活用してお店を構えて営業するスタイルになったのだそうです。

キャッチコピーは「日常にひと(人)ユニーク」

キャッチコピーには、オーナーのカンさんの思いが詰まってます。

海外の人の目線で地元の食材を新しく発見すること。
それが、「日常にひと(人)ユニーク」とのこと。

現在の専属シェフは韓国から来たパティシエ&バリスタのパクさん。
今のメニューは今までのレシピを参考にしたパクさんのオリジナルメニューだそうです。

スイス料理「レシュティ」のサンド

今回、藤田が注文したのはスイス料理がベースのサンドイッチ「レシュティサンド」

スイス料理って、皆さん知っているものあります??
実は、チーズフォンデュはスイス料理なんですよ!

、、、あ、知ってます?
まぁ、余談はおいといて。。。

この「レシュティ」はスイスのジャガイモ料理です。
スイスの国民食と思われるくらいポピュラーなものなのだそうです。
このレシュティを旅人食堂オリジナルのトーストにサンドしてあります。

半熟卵!オランデーズソース!!サ、サイコー(悦

このレシュティ、外がサクサクになっていて、半熟タマゴとの相性柄抜群!

さらに、かかっているソース(オランデーズソースというそうです)がアクセントになり、味に変化を加えられるので飽きることなくあっという間にペロりです。
そのオランデーズソースにはさわやかなレモンの酸味が効いています。

パンの名前は「一斤の岡山」

サンドの外側、オリジナルのトーストはパクさんが毎朝焼いているそうです。
地元北房のぶどうから天然酵母を取り、北房の硬水で育てる。
その酵母に水の代わりに蒜山ジャージー牛乳を使っていて、岡山県北の素材をギュッと閉じ込めたトーストはしっとりしていて、味に深みがあって美味しいです。

ちなみに、この食パンの名前は「一斤の岡山」というそうです。
こちらのトーストの販売も始まったので、ご自宅でもこの美味しさを楽しめるなんて、嬉しすぎる!!

今後のメニュー展開も目が離せない!

基本メニューはパクさんのパンとそれを使った料理、ケーキなどです。
パクさんのバリスタの資格を活かしたエスプレッソマシーンを使ったカフェラテやカフェモカなどのメニューも続々登場予定。

そしてさらに、シェアハウスに来た旅人と良いレシピが作れたら、その時、その時でメニューを追加する予定だそうです。

今後のメニュー展開も楽しみですね。

店内の装花はフラワーコーディネイターの奥様によるもの

店内の装飾はフラワーコーディネートもされる奥様によるもの。
季節のお花を随所に取り入れられていてとっても素敵です。

月ごとにテーマが変わる「旅人文庫」

月毎にテーマが変わる文庫コーナー。
旅人文庫というコーナーはシェアハウスで生活されている方が毎月テーマを決めて、それに沿った本がセレクトされています。
ここにも「ひと(人)ユニーク」ですね。

真庭市北房のホットスポット「旅人食堂」

いかがでしたか?
こんなところに??という場所にある旅人食堂。
日常と非日常がマーブルのように溶けてあっている空間です。

海外のラジオが流れるペレットストーブの暖かい大人のカフェスペースと、おもちゃや室内遊具がある畳部屋の保育室を活かしたキッズルームがあり、子連れでも、大人同士でも気を使わずゆっくり美味しい時間を過ごすことができます。

おもしろい時間を過ごしたい方にぴったりの食堂なので、ぜひ、一度お立ち寄りください。

店舗情報

住所:真庭市下呰部415-1
電話番号:080-2887-3728
営業時間:10:00〜17:00
定休日:日、月曜日
※2019年12月から定休日が、日・月に変更になっていますのでご注意ください。


facebookページへの「いいね!」やインスタ投稿で割引特典も受けられますので、ぜひお試しください。

instagramアカウント:tabibito.shokudo
facebookページ:https://www.facebook.com/tabibito.shokudo/

マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事