【特集】安全・安心への取り組み「新型コロナウイルス感染症対策」" /> 【特集】安全・安心への取り組み「新型コロナウイルス感染症対策」" />

感染予防をしながら岡山観光を楽しもう! ~飲食店での感染防止対策例~

観光客の皆さまに安心して岡山の観光を楽しんでいただくため、岡山県内の観光施設の取り組み例をご紹介します。
取材協力:酒工房 独歩館

【特集】安全・安心への取り組み「新型コロナウイルス感染症対策」
掲載日:2021年10月21日
  • ライター:おか旅編集部
  • 473 ビュー

酒工房 独歩館(岡山市)

今回取材に伺ったのは、日本酒、ビール、焼酎、リキュール、スピリッツ、ウイスキーなどの製造を手掛ける酒蔵・宮下酒造のレストラン「酒星之燿(しゅせいのかがやき)」。併設する岡山蒸溜所のウイスキーのポット・スチル(蒸留器)を見ながら食事が楽しめます。日本酒やビールなどお酒に合うメニューはもちろん、宮下酒造のお酒を使った料理も提供。館内のショップでは宮下酒造の商品が購入できます。

新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組み

宮下酒造株式会社・酒工房 独歩館では、公式ホームページにて新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお客様へのお願いを掲出するとともに、感染症対策に取り組んでいます。

感染症対策:店舗入口

店舗の入口には手指消毒用のアルコールスプレーが設置されています。入店前に消毒を行いましょう。
岡山県新型コロナ対策パーソナルサポートシステム「もしサポ岡山」の登録を推奨しています。「もしサポ岡山」は該当店舗や施設の利用者に新型コロナウイルスの感染が確認され、保健所が不特定の人への感染の恐れが高いと判断した場合にLINEメッセージで連絡するシステムです。
エントランスホールで検温を実施。画面に顔を写すだけで体温が計れるシステムで、検温と同時にマスク着用の有無も検知して喚起を行っています。

感染症対策:レストラン店内

客席はゆとりのあるテーブル配置で、各テーブル間には飛沫感染防止パネルを設置しています。
定期的な換気や清掃を行っているのはもちろん、消毒を徹底しています。
会計時には担当するスタッフがその都度手指の消毒を行い、支払い、お釣り等の受け渡しはキャッシュトレーを使用しています。

感染症対策:ショップ

併設のショップでは、ソーシャルディスタンス(社会的距離)が確保出来るよう、足元に専用のマーキングを施しています。
会計カウンターには飛沫防止パーテーションを設置。金銭の受け渡しはキャッシュトレーで行っています。

感染症対策:共有スペース(トイレ・喫煙ルーム)

トイレでは手洗い場、出入口にそれぞれ消毒スプレーを設置しています。
密を避けるため、喫煙ルームは1人ずつの利用としています。

感染症対策:その他

食事中以外のマスクの着用、少人数・短時間での利用、大声での会話を控える、飲みまわしを行わない、など「マスク会食」の協力を呼びかけています。
検温などの日々の体調チェック、マスク着用、手洗い、こまめな消毒など、スタッフみんなが感染防止対策に努め、笑顔でお客様を迎えています。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事