「水車の里フルーツトピア」でいちご狩り&スイーツ作り体験

いちごが美味しいシーズンがやってきました! 毎年行きたくなるいちご狩り、今年は摘んだいちごも楽める「水車の里フルーツトピア」体験型イベントに参加してきました。温かいハウスの中は、水耕栽培のいちご「さがほのか」がたくさん色づいていました。パフェとダッチベイビーを作るため、いちごを摘み取り、さっそく作ってきました。自分で作って、その場で頂くスイーツは、至福の美味しさでした。
掲載日:2023年02月15日
  • ライター:高杉郁子
  • 3595 ビュー

水車の里フルーツトピア

矢掛町にある「水車の里フルーツトピア」では、いちご狩り体験(280円/100g)をして、その摘み取ったいちごを使って、スイーツを作れる期間限定の体験型イベントを開催中です。(40分間食べ放題、いちごの量り売りも可能)
いちごスイーツ作り体験メニューは、
①パフェ作り(1個700円+スイーツ作り基本体験料)
②ダッチベイビー作り(1個800円+スイーツ作り基本体験料)
③デザートピザ作り(1枚1200円+スイーツ作り基本体験料)
スイーツ作り体験料は1組500円。1~5名で人数に応じて基本料金が異なります。

いちご狩り体験

いちご狩り体験のハウスは、建物の裏にあり、歩いてすぐのところにあります。水耕栽培の「さがほのか」、地植え栽培の「よつぼし」のハウスがあり、いちご狩り体験は、水耕栽培の「さがほのか」でします。

ハウスの中はポカポカ

寒い外から、いちごの水耕栽培ハウスに入ると、一眼レフのレンズが曇り、曇りが取れるまで撮影停止に・・・。それぐらい湿度が高くて温かいハウスでした。コートを着ていると汗が出るくらいです。真っ赤に色づき、高い位置からぶら下がったいちごの甘い香りで、いちごを食べたい気持ちがこみ上げてきました。

水耕栽培なので摘みやすい

「さがほのか」のハウスの中は、水耕栽培なので、立ったままでいちごを摘むことができます。小さなお子様でも摘みやすい高さです。そして広いので歩きやすいです。

摘み方

いちごのヘタのあたりを軽く持って引くと、茎が折れて外れます。茎を引っ張って、他のいちごを傷つけないように気をつけながら摘みました。

ハウスの中はミツバチが活躍中

ポカポカのハウスの中で撮影していると、ミツバチが白いいちごの花に潜って蜜を飲んでいるのを目にすることができます。木箱の巣が置いてあり、受粉活動をしてくれているそうです。攻撃しなければ、おとなしいミツバチたちです。

収穫したいちご

パフェに合うサイズのいちごは、あまり大きくないいちごが適しているそうで、小さめのいちごを8個、見ると摘みたくなってしまう大きめのいちご4つをパックに入れました。パフェは、5~6個あれば大丈夫だそうです。ダッチベイビーは盛り方自由なので適当に摘みました。

地植えのハウスは「よつぼし」いちご

隣の地植えのハウスも見せてもらいました。こちらはショップで使ういちごで、甘みと酸味がある濃厚な味わいの「よつぼし」で、カフェでいちごスイーツが頂けるそうです。

いちごの花は白くて可憐

いちごの花は、小さくて可憐な白いお花です。真っ赤ないちごに変身するので不思議ですよね。

パフェ作り体験①

パフェ作りは、1個につき材料費が700円+スイーツ作り基本体験料500円です。
スイーツ作り基本体験料は、1~5名が500円で、人数に応じて変わります。
運ばれてきた材料を見て、どんなパフェを作るかイメージしました。カップの底には手作りのプリンが入っています。スポンジもイチゴジャムも自家製だそうです。飾りのチョコ棒とミントもついています。使ういちごは小さめを5個。どんな風にデコレーションするか考えるのも楽しいですよ。スタッフさんに説明してもらいながら作るので安心です。

パフェ作り体験②(いちごをカッティング)

まずは、摘み取ったいちごをスライスし、カップの中に映えるように並べました。この時、いちごを洗わずに使えるのが水耕栽培のいいところ。傷まず、甘さをキープできます。

パフェ作り体験③(スポンジを入れてボリュームアップ)

丸く切り抜かれた美味しそうなスポンジをナイフで1cm角に切ってカップに入れました。スポンジはボリュームを出す役目があるそうです。シュガーコーンもミックスして自分好みに。イチゴシロップも浸み込ませました。

パフェ作り体験④(生クリームを絞ってイチゴソースで仕上げ)

スポンジ→シュガーコーン→イチゴシロップを2回繰り返して層を作り、最後の仕上げに生クリームをデコレーション。イチゴソースもかけて、気分はすっかりパティシエです 笑。このイチゴソースも農園の手作りだそうです。

手づくりパフェが完成!

トップにいちごをのせて、チョコレート棒とミントを飾り、完成~!
美味しそうに出来上がりました。作ったパフェはテイクアウトできるので、持ち帰ることにしました。

ダッチベイビー作り体験①

農園で焼いたパンケーキが、スキレット(鉄板)に用意されています。摘んだいちごを好きなだけデコレーションできます。生クリーム、カスタードクリーム、イチゴジャムが用意されていて、最後にグラニュー糖をかけてバーナーでブリュレ仕上げにする本格体験です。

ダッチベイビー作り体験②(イチゴをデコレーション)

パフェと同じく、いちごを切って、パンケーキの上に並べました。イチゴは、大きいものと小さいものをミックスして使いました。どんなふうに並べれば美味しそうに見えるか考えながら作るのは楽しいですね!

ダッチベイビー作り体験③(生クリームとカスタードクリームでデコレーション)

生クリームを絞りました。ケーキ屋さんのように絞りたかったのですが、うまくいきませんでした 笑。ハートを作ってカスタードクリームを置きました。イチゴジャムもトッピングして、形になってきました。すでに美味しそうです。

ダッチベイビー作り体験④(バーナーでクリームブリュレ)

盛れるだけイチゴを盛り、カスタードクリームにグラニュー糖をふりかけ、仕上げにバーナーで焦げ目をつけました。
初めてのバーナー体験、火加減調整がよくわからず、生クリームまで焦げてしまいました 笑。それはそれで美味しそうに見えるので結果オーライです。

 

ダッチベイビー作り体験⑤(完成!!)

ダッチベイビーは、持ち帰りができないので店内で頂きました。パンケーキの生地が美味しくて、いちごのさっぱりとした酸味と、生クリームやカスタードの甘みが絶妙で、至福の時間でした。ボリュームがあるので、お腹いっぱいになりました。
ぜひ、旬のいちご狩りとスイーツを楽しんでくださいね。

【水車の里フルーツトピア】
所在地:矢掛町東三成3974-20
TEL:0866-83-3423
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事