天王八幡神社

テンノウハチマンジンジャ
金ボタルが乱舞する、幻想的な風景に感動!

新見市にある天王八幡神社は金ボタルの生息地として岡山県の天然記念物に指定されています。珍しい種類の金ボタルは、別名ヒメボタルと呼ばれています。ホタルの光によって“金色の世界”が広がる時期は、森の中を舞う幻想的なホタルを見るために多くの観光客が訪れます。懐中電灯は使用しない、カメラのフラッシュを利用しない、タバコを吸わないなどのマナーを守って鑑賞してください。

※土・日曜日は混雑をさけるため 、写真・ビデオ撮影は禁止です。ホタルを鑑賞できる時間は21時までです。
エリア
備中
カテゴリ
神社・仏閣 ホタル

基本情報

住所 〒718-0311 岡山県新見市哲多町蚊家1708
電話番号 0867-96-2113(新見市哲多支局地域振興課)
公式サイト
交通アクセス(車)中国自動車道新見ICから約40分
交通アクセス(公共)JR新見駅からタクシー約40分
駐車場参道上の駐車場は金ボタルの発生地に近いなどの理由により2023年から利用を中止します。
路上への駐車は行わないでください。
写真ダウンロードURL観光写真ダウンロードはこちら

季節情報

ホタルの最新状況 ピークは過ぎ、ほぼ終わり。こちら≫ ( (最終更新日: 2024/7/12)
ホタルのシーズン 見頃:7月上旬~7月中旬

マップ

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設

この地域のおすすめ特集