下津井町並み保存地区

しもついまちなみほぞんちく
瀬戸内海に面した歴史古い港町

下津井は瀬戸内海に面する港町で、江戸時代には、北前船による綿花、ニシン粕の中継取引港として、また、海を隔てた讃岐金毘羅参りをする人々の宿場として大いに繁栄しました。今でも当時の商家やニシン蔵などが残され、港町の雰囲気がよく残っています。

エリア
備中
カテゴリ
町並み・美観地区 ロケ地

基本情報

住所 岡山県倉敷市
電話番号 086-426-3851(倉敷市文化財保護課)
公式サイト
交通アクセス(車)瀬戸中央自動車道児島ICから約6分
交通アクセス(公共)JR児島駅から下津井行きバス約10分、「下津井漁港前」下車、徒歩約1分

マップ

周辺スポットを表示