HOME特集>おかやまの牡蠣

特集おかやまの牡蠣
おかやまの牡蠣が美味しい理由
−瀬戸内の冬の味覚“牡蠣”−
豊かな自然環境に恵まれ、栄養分が豊富な岡山の海では、通常、種付けから2〜3年かかるところが、1年で出荷できるサイズまで育ちます。
この「一年物」の牡蠣は、身が白く柔らかで、臭みがなく、ほんのり甘みもあり、加熱しても縮まないのが特長です。
今シーズンはぜひ岡山で、「一年物」の新鮮な牡蠣を心ゆくまで味わってみませんか?
  • 話題の牡蠣スポット対決 日生VS寄島
  • 岡山で今、話題の牡蠣スポット、日生(ひなせ)と
    寄島(よりしま)の楽しみ方をご紹介!
    さあ、あなたならどっち?
  • 地図
日生
日生と言えば「牡蠣」というくらい、有名なブランド
牡蠣の産地。仕入れた殻付き牡蠣を、すぐに炭火で焼いて食べることができるバーベキューが人気。また、全国的に有名になったご当地グルメ「日生カキオコ」もお昼には行列ができるほど! ゆっくり楽しむなら、牡蠣づくしの豪華な夕食が地元価格で楽しめる料理旅館や民宿がおすすめ! 翌日は話題の日生(ハート)備前大橋や日生諸島を巡り、五味の市でお土産の牡蠣とカキフライソフトを!
寄島
プロの料理人も唸らせるという、濃厚な味わいが特徴の寄島牡蠣は、近年、人気急上昇中!漁港に面した直売所は、十数軒の店舗兼作業所が軒を連ね、寄島の冬の風物詩になっています。各店舗では牡蠣の殻打ち作業が見学できるほか、店頭では香ばしい焼き牡蠣の無料試食も! また、漁港近くには、牡蠣料理が地元民に人気の御食事処や割烹があり昼食におすすめ。さらに、朝早い時間なら、寄島で水揚げされた新鮮な魚介類が浜値で買える直売所「浜のかあちゃん寄り道」へ立ち寄ってみては?
牡蠣を買って帰ろう!(直売所)

かき祭りで盛り上がろう♪(イベント)