健康のまち鏡野町で快適キャンプ! 心身ともにリフレッシュしよう

豊かな自然に囲まれた鏡野町は岡山県屈指のアウトドアスポット。街とは違う心地よい空気、真夏でも涼しさを感じる気候、そんな中で快適キャンプが楽しめます。「日本オートキャンプ協会の4つ星認定」、「2023年春リニューアルの新施設」、「岡山で一番空に近い温泉に隣接」など、魅力的なキャンプ場が揃っていますよ。
掲載日:2023年06月23日
  • ライター:おか旅編集部
  • 2290 ビュー

恩原高原オートキャンプ場

白樺林やカラマツ林に囲まれた周囲4.5kmの恩原湖の近く、標高700mの恩原高原にあるキャンプ場です。県南の岡山市に比べ気温は約-5度と真夏でも涼しくて快適です。こちらは日本オートキャンプ協会の4つ星に認定されています。
車の乗り入れができるオートサイトは全部で54区画。管理棟にも近い拓けたエリア、傾斜地に位置するエリア、緑の木々に囲まれたエリアなど、雰囲気の異なる場所にサイトが点在しています。
全てのサイトに野外炉、流し台、水道が完備されています。調理台も広めなので、ちょっとした料理や配膳にも便利です。敷地内にはドッグランもあるので、愛犬と一緒にキャンプを楽しむことができます。
売店のほか、ランドリースペースや水洗トイレ、シャワールームなど、施設・サービス共に充実しています。

【恩原高原オートキャンプ場】
住所:苫田郡鏡野町上齋原2037-3
TEL:0868-44-2840
営業期間:4月下旬~10月下旬
料金:4,500円~/1サイト 1泊

恩原高原スキー場にカフェがオープン!

2023年4月、キャンプ場からすぐの恩原高原スキー場クリスタルパレス内に「LILIES CAFE」がオープン。自家製レモンシロップや甘酸っぱいベリーを使ったスカッシュや、お餅をワッフル型で焼いたモッフルのほか、からあげ定食やおにぎりなどの軽食も楽しめます。11月まで(予定)の期間限定で営業中です。

星の里キャンプビレッジ

2023年春にリニューアルオープンした、奥津温泉の高台に位置するキャンプ場。ログハウス、トレーラーキャビン、オートキャンプが利用できます。
木立の中に佇むログコテージは全6棟。すべて2階建てで、各棟にバーベキューハウスまたは東屋が付いています。
コテージは、全棟トイレ・シャワー付き。吹き抜けのリビングルーム、リニューアルして広くなった2階の寝室、キッチンには冷蔵庫や電子レンジ、食器も揃っています。1階に畳敷きの寝室がある棟も。
ウッドデッキ付きのトレーラーキャビンは全3棟。キャビンの前にはテントサイトも併設されているので、テントキャンプを楽しみながら、小さい子どもや女性はキャビン内で宿泊、という使い方もできます。

リニューアルで水はけも良くなったオートキャンプサイトは全14区画。各サイトにAC電源と給水設備完備。木立や柵でプライバシーにも配慮されています。

【星の里キャンプビレッジ】
住所:苫田郡鏡野町奥津川西512-2
TEL:0868-52-0366
営業期間:4月~12月下旬
料金:4,300円/1サイト 1泊、1,650円/1サイト デイ

 

岡山の名湯「奥津温泉」を堪能!

美作三湯のひとつ、奥津温泉の日帰り入浴施設「花美人の里」までは徒歩で約5分。アウトドアで汗をかいたら、岡山が誇る名湯でリフレッシュできます。

のとろ原キャンプ場

約5haの広大なナラ林の中に60ヵ所のテントサイトやバンガロー、ログハウスが点在する、標高700mの大自然に囲まれた大スケールのキャンプ場。入場料1人660円なので、ソロキャンプにもおすすめです。
テントサイトは木立の中にあるので、タープを張らなくても自然の木陰ができて爽やかな風が通ります。
テントサイトの他、6人用のバンガロー(電気・ガス・水道完備)6棟、8人用(電気・IH・水道・トイレ完備)のログハウスが3棟あります。
キャンプ場内の川ではひらめ(アマゴ)のつかみ取りも楽しめます。獲ったひらめはスタッフの方が内臓を処理して串に刺してくれるので、炭火で塩焼きに!
管理棟では必要な備品や調味料、薪の販売、バーベキュー設備のレンタル等も行っています。

【のとろ原キャンプ場】
住所:苫田郡鏡野町冨西谷2091-10
TEL:0867-57-2102
営業期間:2023年4月29日~10月9日は土・日・祝日、7~8月は毎日営業
料金:大人660円、小中学生330円(1泊1人あたりの入場料)

岡山で最も空に近い絶景露天温泉

すぐ隣には、岡山県で最も標高の高い場所にある「のとろ温泉 天空の湯」があります。のとろ原キャンプ場に泊まると、2回目の再入浴は半額になります。

同じテーマの記事

このライターの記事