2024年春「奈義町総合運動公園」に新登場!大型インクルーシブ遊具で遊んできた

2024年3月末に「奈義町総合運動公園」に新しい大型遊具が完成! 以前から遊具が充実していて、子どもとのお出かけスポットとして人気の公園でしたが、誰でも利用しやすいインクルーシブ遊具の完成でさらに充実。今回は、新しい遊具を中心に「奈義町総合運動公園」を紹介します。
掲載日:2024年04月26日
  • ライター:久保山幸輝
  • 3108 ビュー

インクルーシブ遊具とは?

インクルーシブ遊具とは、年齢・性別・ハンディキャップの有無など関わらず、誰もがいっしょに利用できるように作られた遊具です。「奈義町総合運動公園」は、老若男女・障がいなどの有無に関係なく、いっしょに遊べ学べ、地域住民の交流が広がる「みんなの公園」となるよう、さまざまな方が利用できる公園です。
※インクルーシブ(Inclusive)…「包括的な」「包み込むような」という意味
大型遊具にはスロープが付いていて、車椅子に乗ったままでも遊びやすくなっています。
砂場も変わったかたち。車椅子に乗ったまま遊べる高さです。

新しくできた大型遊具

新しくできた大型遊具は、カラフルで可愛らしいデザインです。すべり台をはじめ、楽しく遊べそうなものがたくさんあります。
スロープ、階段、よじ登る。いろいろな方法で遊具に上って遊べます。
白い部分はトランポリンです。跳ねて跳ねて跳ねて、走って走って走り回れます。子どもたちに人気の場所です。
音を鳴らして遊べるスポットも。色や叩き方で音が変わるのが楽しいです。
奈義町の公式キャラクター・さと丸くんが描かれています。これは回して遊びます。
色のついた透明の部分から向こうをのぞいたり、色を重ねたりして遊べます。のぞいて見える風景の色の変化を楽しみました。
回すと音が鳴ります。
短めの滑り台。他にも2つすべり台があります。
遊具の2階部分へは、ネット(網)でできたトンネルで上がります。普通の階段もあります。
ネットの上で遊べます。1階にトランポリンが見えますが、下が見えるのが怖くて、子どもは慎重に歩いていました。

その他のインクルーシブ遊具

ブランコもインクルーシブ。ジェットコースターの座席のようになっていて、落ちにくい作りです。身長95cmのうちの子には、席のサイズが少し大きかったです。
ハンモックもありました。寝転んでゆらゆらできるのが楽しいです。落ちる心配も少なくて安心です。

以前からある遊具も楽しい!

以前からあった遊具も楽しみどころが満載です。
馬の遊具に乗って揺れながら、次は何で遊ぼうかと考えているところ。どれにしようかと悩むほど、いろいろな遊具があります。
ボルダリングのように壁を登って遊びます。
長いすべり台もあります。
「奈義町総合運動公園」は子どもたちの楽しめる遊具がたくさんあります。那岐山が見える眺めも雄大で、気持ちよく遊べるおすすめの場所です。

【奈義町総合運動公園】
所在地:岡山県勝田郡奈義町柿1074
TEL:0868-36-3300(奈義町B&G海洋センター)
営業時間:9:00~20:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
駐車場:普通車250台
※定休日も遊具の利用は可能
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事