汗をかいた後もさっぱり爽快! 温泉の近くにあるキャンプ場5選

暑い夏、アウトドアを楽しんだ後には、さっぱりと汗を流したい! 夏のキャンプ場選びのポイントは快適に楽しめることも重要です! キャンプ帰りに立ち寄りたい、天然温泉近くのスポットをご紹介。
掲載日:2018年07月05日
  • ライター:おか旅編集部
  • 1290 ビュー

のとろ原キャンプ場×のとろ温泉天空の湯(鏡野町)

標高700mの大自然に囲まれたキャンプ場です。広大なナラ林の中に60ヵ所のテントサイトやバンガロー、ログハウスが点在しており、貸しテント、バンガロー、食器類、毛布等を完備。また、キャンプ場内ではひらめ(アマゴ)のつかみ取りも楽しめます。
「のとろ原キャンプ場」に隣接しているのが、県下で最も標高が高く、大自然を眺望できる露天風呂がある「のとろ温泉天空の湯」です。露天風呂からは四季を通じて雄大なパノラマが楽しめます。

津黒高原キャンプ場×津黒高原荘(真庭市)

津黒山山麓に広がる、標高約550mの高原の丘の上にあるキャンプ場です。オートキャンプ30サイトを有し、各サイトには水道や釜などの設備も充実しています。
「津黒高原荘」では、津黒山から湧き出すアルカリ性単純泉のラジウム温泉に浸かりながら、四季折々の自然の景色を愛でることができます。大浴場にはジェットバスを完備。家族風呂やサウナもあります。

湯の瀬温泉郷キャンプ場×湯の瀬温泉(吉備中央町)

豊岡川のせせらぎを聞きながら、心身共にリラックスできるキャンプ場です。近くには仏法僧(野鳥)の巣箱があり、目の前の川では川魚釣りも楽しめます。
キャンプ場から豊岡川をはさんで向かいに建つ「湯の瀬温泉旅館」は、川床から湯が湧き出す湯治場として、古くから親しまれている一軒宿です。夏の夜には川沿いに無数のホタルが乱舞する光景が見られます。

いぶきの里たたらの森オートキャンプ場×新見千屋温泉いぶきの里(新見市)

標高650mにあり、夜は満天の星が眺められるオートキャンプ場です。中国山地の大自然に囲まれた立地で、自然散策や昆虫採集などが楽しめます。
キャンプ場の真向かいには「新見千屋温泉いぶきの里」があります。炭酸水素イオンが多く含まれたお湯は、「美肌の湯」とも言われています。宿泊キャンプの人は入浴料が割引になります。

大芦高原キャンプ場×大芦高原温泉 雲海(美作市)

Forestエリア、Autoエリア、Hillエリア、Woodsエリアの4エリアに分かれ、車やバイクを直接乗り付けられるオートサイトのあるキャンプ場です。どのサイトでも焚き火が楽しめるのが特徴です。
標高500mの大芦高原にある入浴施設が「大芦高原温泉 雲海」です。地下1500mより汲み上げた温泉が楽しめ、高原の澄んだ空気のもと、心身ともにリフレッシュできます。
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事