倉敷市立美術館

くらしきしりつびじゅつかん
近代の校倉造りをイメージさせる建造物

文化勲章受章者である倉敷ゆかりの日本画家・池田遙邨(ようそん)のコレクションを中心に、洋画家の満谷国四郎や坂田一男ら郷土作家の作品を収蔵しています。

【倉敷市立美術館の建物について】
倉敷市庁舎として建設後、1983年に美術館として再生されました。
この建物はコンクリートの打放し方式が採用されており、「縄文的伝統のコンクリートによる表現」との丹下氏の言葉にもあるように、素朴さの中にも雄大なスケールを感じさせられます。
エントランスホールは高さ10mを超える吹抜け空間となっており、今でもこの建物の見どころのひとつとなっています。
建築家/完成年:丹下健三/1960年
見学・撮影について:展示室は撮影不可

基本情報

住所 〒710-0046 岡山県倉敷市中央2-6-1
電話番号 086-425-6034(倉敷市立美術館)
公式サイト
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
営業時間9:00~17:15(入館は16:45まで)
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)、くんじょう休館、12月28日~1月4日、その他臨時休館あり
料金大人210円、高・大学生100円、小・中学生50円
コレクション展(特別展は別途設定)
交通アクセス(車)山陽自動車道倉敷ICまたは、瀬戸中央自動車道早島ICから約20分
交通アクセス(公共)JR倉敷駅から徒歩約10分
駐車場倉敷市中央駐車場(有料)
付帯施設講堂、会議室
定員講堂(222名)、会議室(68名)

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設