町並み

風情ある当時の面影が残る町を散策!

レトロモダンな川沿いの風景、のれんが揺れる古い町並み、ベンガラ色に染まる山間の町など、懐かしさが残る町へ出かけてみては。

白壁と蔵の街・倉敷

江戸時代に“天領”であった倉敷は周辺地域の特産物の集積地として栄えた町です。白壁の土蔵、なまこ壁、格子窓の町家など、趣のある町並みが続いています。今では町家を改装したカフェ、個性的なギャラリー、雑貨ショップが建ち並びたくさんの観光客で賑わっています。倉敷川沿いの柳並木の景観は絵になる撮影スポットとして人気です。

のれんの似合う町・勝山

出雲街道の要衝として繁栄した勝山。伝統的な古い町並みが残っていたため、岡山県で初めて「町並み保存地区」に指定されました。現在は“のれん”が町のシンボルとなり、町歩きをしているとお土産店や酒蔵などの軒先でおしゃれなのれんが揺れています。歴史ある町並みと、新しい“のれんのある風景”を一緒に楽しむことができます。

ベンガラ色に染まる町・吹屋

幕末から明治にかけて銅山とベンガラ生産で繁栄した吹屋。ベンガラ色に統一された赤い町並みはノスタルジックな雰囲気です。1977年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれました。今では郷土館、ベンガラ館などの町の歴史的価値を伝える施設を整備し、町並みの保存に力を入れています。