津山城下町のんびり旅~城東地区・城西地区~

秋の旅行シーズンにおすすめしたい、津山の城下町スポットをご紹介します。津山城(鶴山公園)の東側「城東地区」と西側「城西地区」で、ぶらりまち歩きを楽しんでみませんか?

城下小宿 糀や(こうじや)

江戸時代に酒造で栄えた旧苅田家住宅に連なる町家「旧苅田家付属町家群」を宿泊施設としてリノベーションし、2020年7月オープン。
宿泊棟3棟・ラウンジ棟1棟で構成され、各棟それぞれにキッチンやヒノキ風呂、プライベートな庭に縁側風のテラスがあり、日本酒をお部屋の湯船に注ぐ酒風呂が体験できるなど造り酒屋としての往年の趣を感じながら、自由気ままな町家ステイが楽しめます。

所在地:津山市林田町68
アクセス:中国自動車道津山ICより約10分
TEL:0868-24-2111(ザ・シロヤマテラス津山別邸)

PORT ART&DESIGN TSUYAMA(ポート アート&デザイン ツヤマ)

かつては銀行だった市指定重要文化財で、大正建築のレトロなレンガ造りの建物とアートが融合したスポット。ギャラリースペースでは優れた作家の作品を紹介する企画展の他に、ワークショップやアートイベントの開催など、楽しく参加・体験できる催しも行われています。アート作品やデザインの魅力に囲まれた、ぜいたくな時間を過ごしてみませんか?

所在地:津山市川崎823
開館時間:10:00~18:00
定休日:火曜日、祝祭日の次の平日、年末年始
アクセス:中国自動車道津山ICより約10分
TEL:0868-20-1682(PORT ART&DESIGN TSUYAMA)

城東むかし町家(旧梶村家住宅)

主屋は江戸時代の終わり、西側の部屋は明治時代、北側の2階建ては洋館も含め大正時代に建てられました。内部の見学が無料ででき、建造当時の生活の様子を窺い知ることができます。見学時間の目安は30分程度です。

所在地:津山市東新町40
営業時間:9:00~17:00 
料金:入館無料
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、12/29~1/3
アクセス:中国自動車道津山ICより約10分
TEL:0868-22-5791(城東むかし町家)

コーヒースタンド福寿湯

明治30年開業の町のお風呂屋さんをリノベーションしたカフェ。自家焙煎の深煎りコーヒーを中心に、丁寧にドリップされた香りのよい淹れ立ての一杯が楽しめます。
※2022年10月現在、国の保存指定物件の復元工事中のため休業中

所在地:津山市勝間田町5
アクセス:中国自動車道津山ICより約10分
問合わせ:@fukujuyu.53(Instagram)

城西浪漫館

大正6年建築、国の登録文化財にも指定されている木造2階建ての洋館で、正面のドームや屋根、窓の細かい装飾が特徴です。1Fの喫茶では「珈琲」の漢字を考案した津山出身の洋学者「宇田川榕菴」にちなんだ「榕菴珈琲」も楽しめます。

所在地:津山市田町122
料金:入館無料
アクセス:中国自動車道津山ICより約15分、または院庄ICより約10分
営業時間:9:00~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29~1/3
TEL:0868-22-8688

NishiIma25(ニシイマ ヴァンサンク)

江戸時代から受け継がれてきた建物内に、ギャラリーとカフェが併設し、芸術と食と文化の融合を体験できます。また民泊施設でもあり、朝食は地元の食材を使った田舎料理を提供しています。

所在地:津山市西今町25
営業時間:木~日曜日 11:00~17:00
アクセス:中国自動車道津山ICより約15分、または院庄ICより約10分
TEL:080-5907-1663(NishiIma25)

作州絣工芸館

岡山県郷土伝統的工芸品「手織作州絣」の小物や作品を販売しており、津山のお土産としてもオススメです。また機織り、綿繰り、糸紡ぎなどの見学・体験もできます。

所在地:津山市西今町77
料 金:見学料無料、体験料1,500円~
開館時間:10:00~16:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:中国自動車道津山ICより約15分
TEL:0868-23-0811(作州絣工芸館)

津山市の観光情報全般についての問い合わせ

■津山市観光協会
TEL:0868-22-3310
メール:info@tsuyamakan.jp
ホームページ:http://www.tsuyamakan.jp/

■津山市観光振興課
TEL:0868-32-2082
メール:kankou@city.tsuyama.lg.jp
マップを見る