ツツジが咲き誇る半田山植物園!見頃のおすすめスポット

岡山市にある半田山植物園には、主だった種類が15種類、計5万本のツツジが植えられています。街中では見かけないような大きなツツジや、斜面一面に植えられたツツジの山。園長さんから伺ったお話を交えつつご紹介します。ゴールデンウィークのおでかけに、色鮮やかなツツジを見にいきませんか?
掲載日:2023年04月26日
  • ライター:月子
  • 3058 ビュー

半田山植物園に入園

正面ゲートを抜けると、春の明るい日差しで色鮮やかな景色が目に飛び込んできます。
半田山植物園では3200種15万本もの植物を見ることができます。
広くて高低差があるので、スニーカーなどの歩きやすい靴がオススメ!

やさしい色の花車

入園して左に進み、急こう配の坂をのぼると、紫がかったピンク色のツツジ「花車」が迎えてくれます。
明るく瑞々しい花たちに、心が和みます。

美しく剪定されたキリシマツツジ

ご覧ください、この見事に剪定されたつつじを!
色づいているのは、キリシマツツジです。
近くで見ると、整っていて美しい!
遠目に見れば、丸いポンポンのようでかわいらしい~!
このように綺麗な形で花を咲かせるためには、花が散った後にすぐ剪定するそうです。

目の覚めるような鮮やかさのショッキングピンクと、優しい淡いピンク。
まるでフカフカの花の絨毯のよう。
花や枝が密になっているため、風通しを良くしたり枝を強くしたりと、管理にたくさん手をかけておられるとのこと。

ヒラドツツジの山

こちらは 広場から上の展望台に至る斜面。
取材時は咲き始めでしたが、満開になると 斜面がツツジの壁となり、山が色とりどりになる様子を楽しめます。
ヒラドツツジは枝が大きくなりすぎると花が少なくなってしまうので、3年前に山の下半分を小さく切ったそうです。
今後、山の上半分も短く刈り込むご予定とのこと。
ツツジを美しく見ることができるように数年単位で計画されているのですね。
ヒラドツツジは花も葉も大振りです。
赤系だけだけでなく、白い花もあります。
ツツジは、種類や個体によって咲く時期が異なるため、
5月下旬から6月上旬まで見ることができます。

展望台からは市内が一望!

ヒラドツツジの横にある階段を息を切らしながら上ると、岡山市内を一望できる展望台です。
頑張って登ったご褒美のような開けた景色!
晴ればれと爽快な気持ちになりました。
柵の外側にツツジが植えられているので、ツツジと眺望を楽しめます。

休憩場所と新緑の美

花々に目を奪われがちですが、新緑も美しい!
もみじの若葉が爽やかで清々しく感じます。
こちらは、ベンチとテーブルがあるデッキ。
お弁当を持って行ってここで食べると解放感が楽しめそうですね。

※現在、レジャーシートやイス等の持ち込みは禁止されており、園内設置のベンチをご利用くださいね。また、飲酒は禁止されております。

《ツツジと同時期に見られる花》モッコウバラ

​訪れた時に満開だったモッコウバラ。
黄色い小さな花びらがたくさん集まった、愛らしく美しいバラです。
園内では他のバラもちらほらと咲き始め、 ところどころで 芳しいバラの香りが漂っていました。
もう少しするとバラの季節ですね。
黄色のモッコウバラが終わった次には白いモッコウバラが咲き始めるそうです。

半田山植物園 柴田統括園長

いつもニコニコと、来園された人にご挨拶してくださる園長さん。
今回、ツツジのお話を教えていただきました。
「来園される方には花の優しさを感じてほしい。 そして 植物園で心癒され、心を浄化していただきたい」とおっしゃっていました。
お話を伺い、来園した人に楽しんでほしいという園長さんの気持ちがひしひしと伝わってきました。
園内に園長さんがいらしたら、お声がけしてみてください。
気さくにお話してくださいますよ。

半田山 春の花まつり

2023年5月4日(木・祝)、5日(金・祝)には、「半田山 春の花まつり」が開催されます。
苗ものなどの販売、ビンゴ・ウォークラリー、ローズマリーの挿し木体験など、様々なイベントが催されます。
レースラベンダーの無料配布(数量300株限定)予定もあるそうです。
また、毎年5月4日のみどりの日は 無料開園日となっております。
いつ行っても美しいお花や植物が迎えてくれる半田山植物園。
この時期はぜひ、ツツジと緑に癒されに行ってみてくださいね!

【岡山市半田山植物園】
所在地:岡山市北区法界院3-1
TEL:086-252-4183
開園時間:9:00~16:30(入園は16時まで)
休園日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)
入園料:大人310円、小人125円
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事