ココロが整う和のお庭!訪れる価値アリな岡山の日本庭園おすすめ7選

季節の訪れを感じたい。美しい空間に身を置きたい。ココロを整えるのにぴったりな岡山の日本庭園まとめました!
日本三名園から海に見立てた池や宇宙を感じる枯山水など、トラディショナルでありながら型破りな発想がいっぱい詰まった和のお庭に、とりつかれてみませんか?
掲載日:2020年01月27日
  • ライター:おもとまちこ
  • 2573 ビュー

衆楽園(津山市)

空のむこうに中国山地が見えるパノラマのような景観。大きな池を海に見立てたという発想力。津山藩2代藩主が京都から作庭師を迎えて造った大名庭園では、しだれ桜、一面のスイレン、紅葉など、1年を通して自然を感じることができます。観光案内所の方曰く「雪景色がとにかく最高ですよ!」とのこと。冬でも楽しめる県北屈指のお庭です。
3つの池を石や木造りなどの橋が仕切っていて、細い橋を渡るドキドキ感もたまりませんよ。球体かのような島、悠々と羽ばたくシラサギたち、陽を浴びて輝く水面。裏門からつづく曲水など、水をめぐりながらぐるりと散策するのも良し。朝7時から開園しているので朝活にもおすすめです!

宝福寺(総社市)

紅葉で有名な古刹ですが、方丈前や、般若庵で見られる枯山水のお庭も見ごたえありますよ!水の流れをあらわす砂紋を眺めながら、瞑想モードにひたったり。湯豆腐やお抹茶をいただきながら心静かに過ごしたり。後に京都に多くの名庭をつくることになる雪舟の、感性の原点ともいえる修業の地でもあります。
 

大通寺(矢掛町)

高峰山麓のありのままの自然、力強い石組のデザイン。水墨画のような景色の中にはお釈迦さまや極楽などが表現されていて、完成まで20年を要したのもうなづける!壮大な美の空間です。萩、桜、金木犀などの植物が織りなす美しい境内では、大きな数珠や大きな魚鼓など大きなお宝たちにもビックリさせられますよ!

頼久寺(高梁市)

幾何学的なデザインが美しい枯山水庭園を、丸窓や縁側から時間を忘れて眺めましょう。大きく刈り込んで大波を表現したサツキ。羽のしなやかさを感じる鶴島。独特でありながらエレガントな魅力があふれるお庭につい引き込まれてしまいます。名古屋城や大阪城の天守閣の建築にも携わった、日本のレオナルドダヴィンチとも称される小堀遠州の傑作です。

近水園(岡山市)

秀吉の正妻ねねの実家!旧足守藩主木下家の庭園にたたずむ吟風閣は、京都御所の残材を拝領して造ったんですって。侍屋敷の貴重すぎる茅葺屋根、お堀をつたう利玄みちなど、歴史ロマンがつまった町並みの中でも特に画になるスポットです。寄りでも引きでも!見ごたえある眺望が楽しめますよ。
丸い池に沿うよう延びるお堀が歩道とも平行しているので、2重丸のようになった不思議なデザインです!すぐ横の足守川へとつながる澄んだ水。色鮮やかな紅葉。大輪のシャクヤク。足守川では桜並木や、ホタルやカワセミの観察など。自然に包まれて心がリセットされますよ。

旧野﨑家住宅(倉敷市)

塩田王・野﨑武左衛門の感性がすみずみまで反映された邸宅は、庭に至るまでその美意識が感じられます。表書院の前にそびえるソテツ、茶室を彩る一面の苔、120本もの色鮮やかなサツキ!ジーンズストリートの一角にある、清々しいほどに整い尽くされた日本庭園です。

岡山後楽園(岡山市)

庭園好きなら1度は詣でたい!日本三名園のひとつです。キリリとした空気が漂う園内は、随所に匠の技が光ります。茶会、観月、タンチョウツルの放鳥など、1年を通して楽しめる催しがいっぱい!花華の池や竹林周辺もまたちがった趣が感じられる空間ですよ。どんどん迷い込んで、イチ押しの眺めを見つけてくださいね!
マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事