岡山といえば桃太郎!一緒に撮影できるおすすめ桃太郎像 5選

岡山といえば、桃から生まれた桃太郎! 桃太郎や犬・猿・キジと一緒に撮影して、思い出に残したいですよね。フォトスポットにぴったりな桃太郎像を紹介します!
掲載日:2021年10月25日
  • ライター:こばん(小林美希)
  • 974 ビュー

JR岡山駅後楽園口(東口)の桃太郎像

まずは電車や新幹線で岡山へお越しの方におすすめの、「岡山の顔」ともいえる桃太郎像です。JR岡山駅後楽園口(東口)に、凛々しく遠方を眺める桃太郎の姿が! お供の犬・猿・キジも一緒です。
 
毎年12月に開催される、駅前広場を中心にイルミ装飾を行うイベント「MOMOTAROH FANTASY」では、毎年違ったイルミネーションで彩られ、そのデザインが話題となります。
桃太郎像は丸い台座に佇み、ベンチがあるので待ち合わせ場所としてもよく使われています。
この台座は岡山の歴史と文化を象徴するパブリックアート「吉備沃野(きびよくや)」。備前焼、鉄、岡山県特産の万成石(まんなりいし)、岡山県の木・アカマツなどが使われています。
残念ながら、前写真の右側に映っている「ピーコック噴水」と「吉備沃野」は、駅前広場への路面電車の乗り入れ事業のため2022年度以降に撤去される予定です。
桃太郎たちとこんな風に一緒に撮影することができますよ!(鬼のポーズで写ってみました)

桃太郎大通りに点在する桃太郎像

JR岡山駅後楽園口(東口)の桃太郎像とセットで巡ってほしいのが、JR岡山駅後楽園口(東口)から東に延びる「桃太郎大通り」。
駅をバックに男の子の像があり、タイトルは「ももたろう」。生まれて間もない桃太郎の姿なのでしょうか、素朴ですね。
実際に西川緑道公園まで歩いてみると、犬・猿・キジも。一体ずつではなく、複数見つけることができました。
ポーズがそれぞれ違うのがかわいらしいです。
また、鬼の金棒のようなデザインのガードレールポスト「鬼の金棒ガード」もあちこちにありました!

像がある詳しい場所については動画を参考にぜひ歩いてみてください。

岡山桃太郎空港の桃太郎像

飛行機で岡山へ訪れる方におすすめのフォトスポットが、岡山桃太郎空港の桃太郎像です。ターミナルの正面入り口付近で見つけることができます。
お気づきでしょうか、JR岡山駅後楽園口(東口)の桃太郎像にそっくり!
実は、JR岡山駅後楽園口(東口)にいる桃太郎像は、2代目。引退した初代桃太郎像は約50年もの間、倉庫で保管されていたのだとか。2021年5月に岡山桃太郎空港に設置され、再デビューを果たしたのです!
背景の細やかなアートは岡山県生まれの現代美術家、笹田靖人さんによるもの。桃太郎のオーラのように見えますね!

吉備サービスエリア(下り)の桃太郎像

2021年8月にリニューアルした、吉備サービスエリア(下り)。飲食店やフードコート、お土産ショップなどもあります。車で岡山へお越しの際は、ぜひ立ち寄って、桃太郎像を探してみてください。
店舗を正面に見て左側、中央入口から約90mの場所に堂々と佇んでいます。
身長163cmの私と比べると、倍以上の大きさがありそう。大きいです!

吉備津彦神社の桃太郎像

桃太郎がモデルとなった吉備津彦命をお祀りしている吉備津彦神社にも、桃太郎像が。境内ではなく、広い駐車場の端にいますよ。
古風でどこか優しげな表情をしている桃太郎です。
足元には、犬、猿、キジの姿も。
吉備津彦神社は厳かな雰囲気がする美しい神社。
立体の白桃みくじや、紙状の桃みくじも有名です。
岡山の桃太郎像、探してぜひ一緒に記念撮影を楽しんでください!
マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事