にゃんだふるパワースポット!福を呼ぶ「招き猫美術館ー金山寺ー」

冬の福招きキャンペーン実施中!
福を呼ぶ招き猫美術館へ行って、ご利益をいただき2022年も良い年にしよう!
掲載日:2021年12月20日
  • ライター:松原宏美
  • 636 ビュー

招き猫美術館-本館ー

ずっと行ってみたかった招き猫美術館へ行ってきました。
なんと!!冬の福招きキャンペーン(2021年12月4日~2022年1月31日)実施中で小中学生の入館料が無料でした!
金山寺との共通入館券もあり、どちらも行く方は少しお得に入館できます。
美術館の方がとても親切に館内の説明をしてくれました。
建物は金山の古民家を再生し、四季折々の自然もアートとして取り込み、福を呼ぶ招き猫美術館としてよみがえっています。古民家の雰囲気と招き猫の雰囲気がピッタリで古き良き日本を感じます。

福寿横丁

美術館オリジナル招き猫を購入するともらえる「願い札」に願いを書き、白い招き猫に飾って願いかニャうと黒い招き猫の方にお礼を書いた「叶い札」を飾って感謝の気持ちを伝えるそうです。

新名所「光明の庭」

新名所「光明の庭」が誕生。
春には八重桜が楽しめる本館中庭に、縁起が良いとされる美しい植物が加わりました。商売繁盛のセンリョウ、マンリョウ、続いて咲くヤマツツジ、困難に負けないツワブキ、幸運をもたらすキンカン。福を招く光明の庭でゆっくり過ごすのもおすすめです。
他にも各所福巡りスポットがあります。
・アーティスト・徳持耕一郎さんの歩み猫が門の上でお出迎えしてくれる「吉兆門」
・願い札と叶い札が空間を埋め尽くす願掛けスポット「福寿横丁」
・おみくじを結ぶ専用コーナー「おみくじ結び処」招き猫おみくじで運試し!
 ちなみに私は末吉でした。内容を撮影して結んで帰りました。
・陽射しが降り注ぐ様子が表現された壁画の前に招き猫たが大集合した「百福の間」
招き猫の迫力が凄く、色々な招き猫がいて何か感じる招き猫が人それぞれあるかもしれません。
そんな招き猫ちゃんを探すのも楽しいと思います!

幸せが訪れる。うわさの招き猫

2階の展示室には「百福の間」があり、全国屈指の招き猫コレクションが展示されています。
2階に上がって一番に目を惹くのは、私より大きな招き猫さん!
サンタ仕様でお出迎えしてくれてます。
こちらの招き猫と同じポーズをして写真を撮るとイイことが起こるかも!!
と噂の招き猫さんです。
是非、皆さん同じポーズで写真を撮り、福をいただきましょう。
古民家ならではの天井の梁も見どころですよ!

金座

色々な招き猫グッズの販売をしています。
ここにしかない招き猫グッズや今の時期だけの福袋!
どれも気になってつい買いすぎてしまいました。
おみくじもここにありますよ。
購入後「福が訪れますように~♪」と鈴を鳴らしてくれて福が訪れるのが楽しみです!

招き猫絵付け体験

絵付け体験は本館の隣にある「ラッキーキャッツハウス」で出来ます。
こちらの招き猫も今の時期だけのサンタ仕様になっていて可愛い。
予約はしなくても当日受付で体験出来ました!
このラッキーキャッツハウス内には山猫文庫もあり、ねこをテーマにした絵本などが並んでいます。

招き猫絵付け体験

まずは3種類ある招き猫の中から1つ選びます。

招き猫絵付け体験

招き猫の形を決めた後は鉛筆で下書きをして絵具で塗っていきます。
色にも効能があるそうなので、それも意識しつつ自由にオリジナルの招き猫を作ります。
素焼きの招き猫は色を塗ると思ったより早く乾くのでびっくりしました。
子どもも凄く楽しそうに体験でき、大満足でお気に入り招き猫ちゃんになりました。
【招き猫美術館】
所在地:岡山市北区金山寺865-1
TEL:086-228-3301
営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日:水曜日(祝日・夏休み期間・年末年始は開館)

たまごファーム

少しお腹がすいてきたので招き猫美術館の少し上にあるカフェへ立ち寄ってみました。
こちらのカフェは世界を旅したご夫婦2人が、古民家をDIYでリノベーションして、2020年6月にオープンしたお店です。
現在、日曜日のみの営業でランチは予約のみでハードルが高めですが、夏には天然青ウナギが食べれたり大きなパフェが食べれる注目カフェです。
今回はミニパフェとぶりかま丼をいただきました。
お汁はこの辺りでとれた猪を使ったシシ汁でした。
どれも、とても美味しかったですよ!
【たまごファーム】
所在地:岡山市北区金山寺808
 

金山寺

招き猫美術館の少し下にあり、元々招き猫美術館はこの天台宗金山寺境内にありました。
このお寺は天台宗の古刹で国指定重要文化財の本堂や「金山寺文書」をはじめ、数々の貴重な文化財が保存されています。
また毎年2月の第1土曜日には、金山寺会陽(裸まつり)が行われます。
【金山寺】
所在地:岡山市北区金山寺481
TEL:086-228-0926

御成之間

長井アイラ非公開だった金山寺の客殿・庭園が令和3年4月29日から拝観できるようになっていました。
絵画・仏像・庭園等眠れる岡山の秘宝の数々が見れます。
特にすごいと思ったのがこの御成之間にある動くふすま絵。
現代でいうトリックアートの様なもので、絵が動いたり、男の人の目線がどこから見てもこちらを見ているように見えたり、古くからこの技法がある事に驚かされます。
帰るときにはお接待で温かいお茶と特別御札「コロナ疫病除角大師」をいただきました。
このお茶が入っている窯も凄く興味深かったです。
招き猫美術館とコラボレーションしたお守りなどもあり、どれも可愛く縁起が良さそうでした。
初詣にも行ってみてはいかがでしょうか。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事