満奇洞

まきどう
歌人与謝野晶子が絶賛した幻想的な鍾乳洞

県の天然記念物に指定されている全長約450mの鍾乳洞。1929(昭和4)年に歌人与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから、満奇洞(まきどう)と呼ばれるようになりました。静寂に包まれた洞内はカラフルなLEDでライトアップがされているため神秘的な雰囲気です。最奥の洞内湖にかかる「竜宮橋」や、日本屈指のリムストーンが広がる「千枚田」が見どころ。夏は涼しく、冬は寒くないという適温が保たれているため、季節を問わず楽しめます。映画『八つ墓村』のロケ地として有名です。

基本情報

住所 〒719-2721 岡山県新見市豊永赤馬2276-2
電話番号 0867-74-3100(満奇洞)
公式サイト
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
営業時間8:30~17:00(入洞は16:30まで)
定休日なし
料金大人(高校生以上)1,000円、中学生800円、小人500円、小学生未満無料
交通アクセス(車)中国自動車道北房ICから約20分または、新見ICから約30分
交通アクセス(公共)JR井倉駅から満奇洞行きバス約40分、終点下車
駐車場普通車150台、バス10台
写真ダウンロードURL観光写真ダウンロードはこちら
備考新見観光タクシー はじめての新見 驚きと感動の絶景コース

動画

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設