岡山県新見市で絶景・グルメ・異国情緒を大満喫する1日2泊の旅!

岡山県の山あいに、絶景・美食・異国情緒がぎゅぎゅっと濃縮された場所があります。
岡山県の北西部、広島県と鳥取県に隣接する新見(にいみ)市は豊かな上流水源と土壌に育まれる「A級食材」の宝庫で岡山のヨーロッパと称されるほど。希少なブランド牛を各所で味わえたり、国産キャビアや国内外で高く評価される紅茶、ピオーネ、ワインや日本酒など盛りだくさん。新見市で食べて学んで感動する、非日常の旅を体験してみませんか?
限られた時間も効率的に、 1泊2日を最大活用する濃い旅がしたい方におすすめです!
掲載日:2023年12月27日
  • ライター:小池香苗
  • 2451 ビュー
岡山県の北西部に位置する新見市。岡山在住の旅ライターの筆者は岡山市育ちで、これまで新見市には校外学習や家族で日帰りが多く、新見市に宿泊する旅は今回が初めて。旅のパートナーは長年のお付き合いの旅行会社勤続20年超・関西在住のパワフルなワーママ。まさに旅のプロと行く旅は「行けるだけいろんなとこ行こう!」と、食べてはしゃいで温泉と絶景に癒されて。1泊とは思えない驚きと発見がめじろ押しの濃い旅となりました。

「旅はできるだけ効率的に動いて充実し尽くしたい!」「旅を通してまなびを得たい!」という旅の熱量が高い方におすすめの新見旅をお届けします。

絶景・美食・異国情緒の宝庫!岡山県 新見市

岡山県の北西部、新見市は鳥取県と広島県に隣接する、水も土も豊かな日本有数のカルスト地形の地。カルストとは、水に溶けやすい岩石を含む大地が雨水や地下水などで浸食されできた特殊な地形のことで、地下には鍾乳洞があるなどの特徴があります。

新見市はA級食材が揃う美食の宝庫

【画像提供:新見市】

新見市には自然が生み出した大小200余り(多い!)の鍾乳洞や風情あふれる温泉など、変化に富んだ地形が織りなす絶景が各所に。そして、このカルスト地形独特の豊かな土壌や寒暖差を活かしたピオーネやワイン、日本最古の蔓牛(つるうし)をルーツにもつ希少なブランド牛「千屋牛(ちやぎゅう)」、清流のもとで作られる国産キャビアなどの逸品が新見の豊かな自然から生み出されています。
小さな頃から普通に食すB級グルメではなく、特別な時に食すA級食材がここまで揃う場所は珍しく、新見市産の食材は「A級の誇り」と称され、食通からも一目置かれる美食の宝庫といわれているのです。

特急やくもでJR新見駅へ

そんな絶景と美食を堪能する非日常の新見市の旅、1泊2日で楽しみ尽くします!
今回の旅は友人と久しぶりの2人旅。移動中もおしゃべりしたいし、時には楽して休みたい。効率と体力を考えて公共交通とレンタカーを組み合わせることに。岡山駅で待ち合わせてJR特急やくもに乗って新見駅へ。約1時間で着くのであっという間!そこからレンタカーで新見市各地へ向かうルートを選びました。

JR新見駅に到着!

JR新見駅の改札を出るとすぐ目の前に、新見市観光案内所があります。
ここは資料も情報も豊富なので、旅マエにしっかりと予定を立てていくのも良いですが「詳しいことまで調べられていない」という方も安心です。コーヒーも販売され、ドリンクを飲みながら旅プランを固めるのも◎。

観光案内所には新見を知り尽くした、新見愛溢れる観光協会の方々ばかり。個性あふれる情報を皆様、楽しそうに教えてくださるのも嬉しいポイントです。季節によって各地の営業状況が変わることもあり、ここで最新情報をGETしていくとより充実した旅になること間違いなしです!
行きたいところをピックアップして、地図を見ながら効率のよい道筋を観光案内所で尋ねると、一部工事中のルートがあると聴き事前にルート変更。早朝の出発でおなかがすいたので、まずは新見名物を食べておこうと駅前でおすすめの食事処も教わりました。
「あそこは人気で駐車場が満車になることもあるからお店まで歩いて行って、食べ終わる頃にレンタカー予約しておくのがええですよ」とのこと。何から何まで、助かる~!

JR新見駅前でご当地グルメで腹ごしらえ!

【画像提供:新見市観光協会】

新見駅の近くでご当地グルメがいただけると聞き、「味の庄 伯備(はくび)」へ。魚介もお肉も豊富な和食料理店で、新見名産「千屋牛」はもちろん手軽なランチから会席まで地元食材たっぷりの幅広いメニューが揃います。まずは銘柄豚「ピオニーポーク」の丼とラーメンを。臭みが少ないといわれる豚肉はコク深い味わいです。

名物 千屋牛の握り

店主の佐藤さんが「皆様に沢山ご注文いただいています」という「千屋牛の握り」をオーダー。さすがA5ランクの千屋牛、美しいです。芸術的なサシが反射しすぎて撮影にひと苦労。。まぐろのトロのような肉質、ですがトロよりサクサクの噛み応えがある部位もあり、上質な千屋牛の甘みと旨みを堪能しました。

【味の庄 伯備】
所在地:岡山県新見市西方469-1
TEL:0867-72-3125
営業時間:11:00~14:00/17:00~22:00(LO20:00)
定休日:元日

レンタカーで出発!

おなかを満たしたら新見市観光案内所のお隣、トヨタレンタリースで予約したレンタカーでいざ出発!

【トヨタレンタリース岡山 新見駅前店】
所在地:岡山県新見市西方472-2(JR新見駅改札口より徒歩30秒)
TEL:0867-72-4100
営業時間:9:00~18:00
※県内・県外ともに乗り捨て可能

カラフルな光が幻想的な異空間「満奇洞(まきどう)」

まずは、新見市の数ある鍾乳洞の中でも県外からのファンも多く訪れる満奇洞へ。洞窟内は1年を通して15度前後で、夏はひんやり、冬は外より暖かいです。

【新見駅】→東へ車で約30分→【満奇洞】駐車場

満奇洞

満奇洞の内部は変化に富む地形とともに随所に趣向が凝らされ、外からは想像できない異空間。次々と色が変わるライトアップは幻想的でインスタグラマーやコスプレイヤーも訪れる「映える洞窟」と評判です。
地底湖にかかる赤い「竜宮橋」や入口がハート形にみえる「恋人の泉」など見どころもあちこちに。
水がぽたぽたと降ってきたり、天井のひだの部分が以前よりせり出してきていたり、自然の変化だけでここまで入り組んで複雑な地形が作られたことに感動。これからも形を変えて続いていくんですね。非日常の光景に時間を忘れるほど魅入っていました。
洞窟内は頭上注意のところもあり、ヘルメットも無料で借りることができ、水気があるのですべりにくい靴がおすすめです。

【満奇洞】
所在地:岡山県新見市豊永赤馬2276-2
TEL:0867-74-3100
営業時間:8:30~17:00(入洞受付は~16:30)
定休日:なし
料金:高校生以上1,000円、中学生 800円、小学生500円、未就学児無料
満奇洞の上部には遊歩道が広がり、トレッキングコースや撮影スポットとしても人気。訪れたのは紅葉が深まる晩秋の頃で、もみじのじゅうたんが広がる絶景でした。
時間を忘れて散策し、新見市の人気キャラクター「にーみん」との撮影を楽しみました。1年を通して四季折々の変化を楽しむことができ、新緑の頃もおすすめだそう。

洞窟と紅葉散策の後は、新見の清流に育まれた国産キャビアを製造するチョウザメ養殖場に向かいます。
【満奇洞】→車で西に15分程→【蝶鮫屋(MSファーム)】

初体験! 国産キャビアを贅沢に「蝶鮫屋 MSファーム」

皆さまキャビアは好きですか?
トリュフ・フォアグラと並ぶ世界三大珍味のひとつ、キャビアの製造販売を行う蝶鮫屋(MSファーム)は国内最大級のチョウザメ養殖場です。新見市は1級河川・高梁川の上流に位置し、その清流を活かしてここでは10,000尾を超えるチョウザメを飼育。事前に予約すると有料で養殖場見学とキャビアの試食もできると聴き訪れました。
キャビアはチョウザメの卵です。チョウザメは蝶鮫と記し、背中の硬くて大きな鱗が蝶々の羽のような形で、体形もサメに似ていることに由来します。チョウザメはサメとは全く違う魚で、 約2億5千年前から生存していた古代種で現在約30種生息しているそう。中には海で生息するものや川や湖から海へ回遊する種類もありますが、基本は淡水で育ちます。

チョウザメのエサやり体験

養殖場に到着するとガイドの方が迎えてくださり、楽しいお話と詳しい案内に興味津々!広い敷地内を進むと大きな池があり、産卵期を終えたチョウザメたちにエサやり体験ができます。エサを探す習性がとてもユニーク。ぜひ皆さまにも現地で体感していただきたいです!

こんな間近で!

「チョウザメは水から連れ出してもけっこう耐えられるんですよ」
かわいい!
こんなに間近で触れ合うこともできます。チョウザメは嗅覚と4本のひげを使ってエサを探すそうで、顔から構造までじっくりと見学。

この間、チョウザメは口をパクパク。

ふれあいタイム♥

「指を近づけてみてください」との声に、恐る恐る差し出すと・・・

パクッ!

ぎゃあああああ!

あれ?痛くない。
チョウザメには歯がないのです。なんとも言い難い、くすぐったい体験でした。
新見市を流れる高梁川の美しく澄み切った水はカルスト特有の石灰岩のミネラルが豊富。チョウザメの原産地であるヨーロッパと水質が近く、新見市に湧く地下水は国内では珍しい硬水でチョウザメ養殖に適しているのです。

このチョウザメの卵をモンゴル産岩塩のみで味付けをして瞬間冷凍。卵から7年以上をかけて育てたチョウザメを一尾ずつ検査し、成熟した卵だけを厳選して上質なキャビアを作っています。この「新見フレッシュキャビア」を試食させていただきました。

岩塩で卵の濃厚な風味が引き立ち美味。こんなにキャビアをたくさん食べられるのは人生初体験! 贅沢です。キャビアやチョウザメのオリジナル製品はMSファームの売店や通信販売で購入も可能。学びと新発見に興奮のひとときを過ごし、今宵の宿泊場所をめざします。

【蝶鮫屋(MSファーム)】
所在地:岡山県新見市唐松2292
TEL:0867-76-2000(要予約)
見学時間:10:00~15:30 ※見学にかかる所要時間 30~45分
定休日:年末年始
見学料金:大人 550円、小中高校生 330円、小学生未満 無料
    ※キャビア試食 お一人様770円(要事前予約)

新見千屋温泉 いぶきの里

【画像提供:新見千屋温泉 いぶきの里】


車を北へ走らせ、今宵の宿泊場所、新見市北端の新見千屋温泉へ。
【蝶鮫屋(MSファーム)】→車で北へ約1時間→【新見千屋温泉 いぶきの里】

「新見千屋温泉 いぶきの里」は冬場はスキー場としても賑わうエリアで、広々とした天然温泉と14室の宿泊棟、屋外には「たたらの森オートキャンプ場」と2023年夏に新たにオープンした「グランピングヴィレッジいぶきの里」が点在。今回は静かな森の中で積もる話がしたくて、ドーム型のグランピング施設を選びました。
まずは1日の疲れを癒しに本館の温泉へ。
とろとろで柔らかいお湯にじんわり、ほぐれます。新見千屋温泉は2023年の今年、化粧品会社ポーラグループによる泉質調査で「美肌の湯」に認定。不要な角層細胞が剥がれやすくなるクレンジング効果と、不要な皮脂を取り除くクレンジング効果の両方があることが判明したそう。湯上りのお肌は本当になめらかで、心身ともにあたたまりました。
夕食はグランピング施設でBBQをしたり、いぶきの里の館内「レストランいぶき」で食事を楽しむことも。今回はレストランでゆっくりと積もる話をしながら「千屋牛しゃぶしゃぶ膳」「千屋牛すき焼き膳」をシェア。どちらも味わえて大満足でした!

グランピングテントへの帰り、見上げた夜空には澄み切った空気にくっきりと映える一面の星。テント内は海外にいるような雰囲気で、ぐっすり。美しい星空の下、大自然を感じながら贅沢な時間を過ごしました。

【新見千屋温泉 いぶきの里】
所在地:岡山県新見市千屋花見1336-5
TEL:0867-77-2020
自然を大満喫して寝坊した翌朝はチェックアウトまでちょっとゆっくりして、新見市の山麓の紅茶専門店でブランチをすることに。

【新見千屋温泉 いぶきの里】→車で約1時間→【紅茶専門店「アーリーモーニング」】

紅茶農園「アーリーモーニング」

【画像提供:アーリーモーニング】


新見市の中でも高地の山間を進むとふと現れる、大佐山の山麓の紅茶専門店「アーリーモーニング」。「紅茶の楽園」と表現したくなるような異国情緒あふれる一帯が広がっています。冬の朝には雲海を臨める日も多いのだとか。

こちらの紅茶にも名を冠する代表の宮本 英治さんは、紅茶の本場・ダージリン地方と酷似した地形と、朝夕の寒暖差や天気までも変わりやすい気象条件が揃うこの場所に惚れ込み移住を決めたそう。「山の開墾、苗の手植えから始まった紅茶畑は20年以上の歳月を経て、ようやく農(みのり)を与えてくれるようになりました」と語る宮本さんの紅茶は今では国内外から高く評価され、個性あふれる様々な紅茶を世界に発信しています。

アフタヌーンティー

ブランチにアフタヌーンティーを予約しておきました。
紅茶は絶妙な温度で香り高く、ミルクを合わせて2杯目を愉しみました。手作りのスコーンに、サンドウィッチ、スイーツの数々はすべて宮本さんの奥様の手作りで、一つ一つが紅茶と合います。スコーンに添えられた自家製ジャムとクロテッドクリームがとくに絶品! レシピは秘密だそうです。
店内にはオリジナル紅茶が並び、種類豊富で迷うほど。茶葉もティーバッグも揃います。

【アーリーモーニング】
所在地:岡山県新見市大佐小阪部2239-8
TEL:0867-98-3939
営業時間:10:00~17:00(土・日・祝日は~18:00)
定休日:月・火曜日(祝日は営業)
駐車場:あり(7台)※敷地内 禁煙

※アフタヌーンティセットは要予約(予約は2名様~)

JA晴れの国岡山 あしん広場

1泊2日の旅も、いよいよ終盤。産直市「JA晴れの国岡山 あしん広場」でお土産を選びます。さすが新見、市場にも高級食材があちこちに。新見産の千屋牛や国産キャビアも購入でき、地元では家族が集まる日やお祝い事などの時に買いに来られるそう。うらやましい!

お米、野菜、地元産のワインや日本酒もたくさん並び、まさにフルコースになる食材がここですべて揃うことに驚き。まさに新見市の「A級の誇り」を実感しました。

【JA晴れの国岡山 あしん広場】
所在地:岡山県新見市正田397-2
営業時間: 8:30~18:00
定休日: 火曜日(祝日、GW、お彼岸、お盆は営業)
TEL:0867-72-7705(JAあしん広場)
駐車場:あり(普通車60台)

JA晴れの国岡山 焼肉レストラン「千屋牛」

産直市で買い物のあとは、すぐ隣のJA晴れの国岡山 焼き肉レストラン「千屋牛」で、旅の締めくくりランチを。直営農場から千屋牛を仕入れて提供しています。

千屋牛がどーん!この角が立っているのが新鮮なポイントだそう。これだけの新鮮な焼き肉をいただけるのは地元ならではですね。ランチタイムはさらにお得なセットもあります。千屋牛ざんまい、大満足の〆でした!

 
1泊2日の新見市を巡る旅は、A級の美食ワールドにおなかも舌も満たされ、なにより作り手の方々のお話と情熱に触れ、学びが多く好奇心も刺激され感動の嵐。語り尽くし食べ尽くし、絶景に温泉まで満喫した贅沢で濃密な旅でした。

新見市で再訪したい場所も増えたので、次は行先を厳選してゆっくり巡る旅もいいなと思います。旅で活力を得て、明日からまた頑張れそうです!

同じテーマの記事

このライターの記事