わざわざ行きたい道の駅「がいせん桜新庄宿」のココに注目!

岡山県北西部、新庄村にある道の駅「がいせん桜新庄宿」をご存じですか? 春は桜で有名な出雲街道新庄宿の近く、国道180号線沿いにリニューアルオープンした道の駅には、わざわざ行きたくなる要素がいっぱいです。県産の木材を使ったナチュラルな建物、村で収穫された野菜などを使い一つひとつ丁寧に作られる村の味、ここでしか味わえないご当地感満載のオリジナルメニューetc.「ドライブの途中」ではなく、「ドライブの目的」にしたい注目の道の駅へ出かけてみて。
掲載日:2019年06月18日
  • ライター:おか旅編集部
  • 794 ビュー

道の駅 がいせん桜新庄宿

住民や来訪者、誰もが気軽に立ち寄れる「美しい村のマーケット」がテーマ。村民の日常の買い物スポットとしての機能も備えていて、地域のコミュニティポイントとなっています。四季の移ろいを感じながら休憩できるスペースや、地元の特産品を活かしたメニューを提供する食堂も併設しています。日本全国の雑煮を食べ比べる「日本・お雑煮紀行」など、ユニークなイベントも開催。

注目その1「村のマーケット」

特産品や加工品、地元の人が育てた新鮮な野菜のほか、日用品も扱うショップ。入り口を入ってすぐの場所にはお餅をイメージした白い冷蔵ケースが鎮座し、村イチオシの杵つき餅や餅米粉で作る生麺がずらり。周辺観光地の土産物もそろっています。カウンターではピザやソフトクリーム、ドリンクなどがテイクアウトできます。

注目その2「買って帰りたいお土産/ひめのもち」

村を代表する特産品であるもち米、ひめのもち。コシの強い杵つきの丸餅や作州黒が入った風味豊かな豆餅、鍋や麺料理に合うしゃぶしゃぶ餅、紅白餅、よもぎ餅(季節限定)などが並びます。一度食べるとそのおいしさに感動必至! 正月だけでなく一年中食べたくなるお餅です。

注目その3「買って帰りたいお土産/大福」

ひめのもちで作る大福が大人気。こしあんと生クリーム入りのみえっ張り大福をはじめ、黒豆大福、よもぎ大福、ブルーベリー大福(季節限定)などバラエティ豊か。週末は1個から販売しているので、ドライブのおやつにもぴったりです。

注目その4「買って帰りたいお土産/新庄村特産品<OIJINJYO>」

新庄村が運営する地域特産品のブランド。村でとれる果実・サルナシを使ったジャムや酢、毛無山の原生林から湧き出る清流で育てられた餅米・ヒメノモチを100%使用した甘酒、村に自生する笹やドクダミを使ったお茶、山蕗の佃煮やらっきょう漬けなど、新庄村の「おいしい」がそろっています。統一のパッケージデザインも村の歴史やあたたかみを感じられて素敵。

注目その5「村の食堂」

新庄村産の食材をふんだんに使用したメニューがそろう、食券スタイルの食堂です。自家製麺のうどんやラーメン、カレーライスやおにぎり、いなりずしなどのご飯もの、定食のほか、ぜんざいやご当地グルメの「ひめっ子雑煮」も食べられます。

注目その6「食堂の人気メニュー/牛餅丼」

ごはんの代わりにひめのもち(丸餅)が3個も入った、新庄村ならではの牛丼。なめらかでコシの強い餅と、甘く煮込まれたやわらかい牛肉の相性が抜群! 食堂の一番人気メニューです。650円

注目その7「食堂の人気メニュー/新庄ししメン」

ひめのもちの米粉を使ったラーメンの麺は、もっちりとした食感とつるつるののど越しが特徴。ちぢれ麺にスープがよく絡み、あっさりながらコクのある一杯となっています。トッピングされているのは、村内で獲れた猪肉を使って作る自家製チャーシュー。滋味深い味わいがクセになります。650円

注目その8「休憩所・インフォメーション」

足を踏み入れた瞬間に目に飛び込んでくるのは、大きなガラス窓とその向こうの緑。木をふんだんに取り入れたナチュラルで開放的な空間は、休憩所として利用できます。おすすめの周辺スポットや季節の観光情報、道の駅の売れ筋商品などが紹介された手描き黒板も必見。無料Wi‐Fiも完備!
マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事