西粟倉村にヒメボタルを見に行こう。森に出現する期間限定の光の絨毯!

西粟倉村は岡山県内でも数少ないヒメボタルの生息地。毎年7月には「大茅スキー場」から「若杉天然林」の周辺で、美しく幻想的な光景を見ることができます。木立の間を縫うように輝くヒメボタルの光は絶景! まるで“光の絨毯”のようです。期間限定のその光景に出会える夜の時間までに訪ねたい、西粟倉村内のおすすめスポットもご紹介します。
掲載日:2024年05月20日
  • ライター:おか旅編集部
  • 3513 ビュー

ヒメボタルとは?

ヒメボタルは日本固有種で、本土に生息するホタルです。水辺で見られるゲンジボタルやヘイケボタルとは異なり、森林内に棲息していることから“森のホタル”とも呼ばれています。放つ光は力強い金色。フラッシュのような短い点滅を繰り返します。

西粟倉村での見頃はいつ?

西粟倉村では例年7月上旬から第3週目頃にかけて、「大茅スキー場」あたりから「若杉天然林」へと徐々に北に場所を移しながら、林の中を幻想的な光が飛び交う様子が見られます。特に晴れた日の、月のない夜が美しく見られるので、天候をチェックして出かけてみて。
※西粟倉村産業観光課の公式Facebook「にしあわくらぶ」では、ヒメボタルの飛翔時期に併せて現地情報を発信しています。

鑑賞時の注意

車のライトがあたると発光を止めてしまうため、「大茅キャンプ場」の駐車場に車を停めてから観賞場所に徒歩で向かうのがおすすめです。

立ち寄りスポット①「BASE101% -NISHIAWAKURA-」

国道373号線沿いにある、木材工場の倉庫の一部をリノベーションした、レストラン&カフェ、セレクトショップ、木材マーケット、いちご狩りハウスなどがある複合施設です。レストラン&カフェでは西粟倉村ならではのジビエ料理やスイーツが楽しめるほか、西粟倉村在住の作家作品が並ぶショップも併設しています。

所在地:岡山県英田郡西粟倉村長尾461-1
TEL:090-2466-9378
営業時間:10:00~17:00 ※ランチタイム11:00~14:00
定休日:火曜日
駐車場:あり

立ち寄りスポット②「あるの森」

日本人とタイ人の夫婦が営む古民家カフェ。築約130年の茅葺トタン屋根の建物で、グリーンカレーやカオマンガイ、ガパオライス、パッタイといった、本格タイ料理が楽しめます。ブルーベリー、さくらんぼ、びわ、桃、イチジクなど、旬のくだものを使ったパフェも人気。民宿としても営業しており、カフェが終わった後、各部屋は客室やリビングになります。

所在地:岡山県英田郡西粟倉村長尾818-1
TEL:090-8531-6189
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00)
定休日:月曜日、第1・第3火曜日
駐車場:あり

立ち寄りスポット③「あわくら温泉元湯」

川沿いに佇む天然温泉付きのゲストハウス。間伐材を薪に変えて調理や暖房に利用しており、薪で沸かす温泉は日帰りでも楽しめます(大人500円小学生250円/乳幼児無料)。レストランでは鹿肉を使ったジビエメニューや、西粟倉のヒノキ酵母で作るパンなど、森の恵みを堪能できる料理が味わえます。

所在地:岡山県英田郡西粟倉村影石2050
TEL:0868-79-2129
営業時間:[日帰り入浴]15:00~21:00、[レストラン]17:00~(フードL.O.20:30/ドリンクL.O.21:00)
定休日:水曜日
駐車場:あり

立ち寄りスポット④「道の駅あわくらんど」

鳥取自動車道・西粟倉ICからすぐの道の駅。村内を中心に地域の農家が育てた農産物や加工品が並ぶ売場で、源流の水で育った新鮮な野菜をリーズナブルな価格で買えるのが魅力です。山陰と山陽を結ぶ中間地点に位置することから、岡山県内のものだけでなく、山陰エリアの銘菓や特産品なども購入できます。建物脇の回廊には色鮮やかな風車が並び、フォトスポットとしても注目!

所在地:岡山県英田郡西粟倉村影石418
TEL:0868-79-2331
営業時間:[売店]平日9:00~17:00 ※土日祝9:00~18:00
[レストラン]10:00~17:00(L.O.16:20)
[屋外売店]10:00~17:00
[野菜市]9:00~17:00
定休日:なし ※野菜市は12月31日~1月3日
駐車場:あり
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事