赤ちゃんも遊べる! 和気鵜飼谷交通公園の「子どもひろば」に行ってみた

和気町にある和気鵜飼谷交通公園は、小さな子どものいる家族にオススメ。屋内の「子どもひろば」にはクッション滑り台やボルダリングなどの遊具や赤ちゃんが遊べるスペースがあります。屋外ではミニSL、ゴーカートも楽しめます。幼児用トイレや授乳室も完備していて、子ども連れに最適なスポットです。
掲載日:2023年10月30日
  • ライター:久保山幸輝
  • 11762 ビュー

和気鵜飼谷交通公園

和気町にある「和気鵜飼谷交通公園」。子ども広場、遊具、ミニSL、ゴーカートなど子どもたちが楽しめる設備が充実しています。
白い大きな屋根の和気ドームが目印です。

住所:和気郡和気町益原681-1
電話:0869-93-3481
休館日:年末年始(12月31日、1月1日)
駐車場:約200台
アクセス:
【JR】
和気駅から徒歩約30分
和気駅から自転車約10分
【自動車】
中国自動車道 美作ICから約45分
山陽自動車道 和気ICから約10分

「和気町子どもひろば」

2022年7月オープンの屋内の遊び場「子どもひろば」。クッション滑リ台や発泡スチロール素材のブロック、ボルダリング、砂場等で遊ぶことができます。幼児用トイレや授乳室も備えています。
なんと町外に住んでいる人でも利用可能。休日は町外から来られる方が多いそうです。町内外から親子が集まって、初めて出会う人との交流の場にもなっています。

利用可能年齢: 0歳から未就学児まで
利用料:無料
営業時間: 9:30~12:00、13:00~16:00
定休日:毎週火躍日(火躍日が祝日の場合は翌日)、年末年始

次は「子どもひろば」にある遊具を紹介します。
【クッション滑り台】
柔らかいから転んでも安心。滑ったり、でこぼこのブロックを歩いたりして遊びます。
【発泡スチロール素材のブロック】
ブロックに凹凸があり組み合わせて遊べます。発泡スチロールなので倒れても大丈夫です。
【組み立てパネル】
パズルのように形を合わせて遊びます。普通のパズルは難しいけど、大きいパズルなら何とか形を合わせられます。
パネルを組み立てれば、迷路を作ることもできるそうです。
【すべり台】
網を登ってから滑るのが楽しい。
【砂場】
屋内にある砂場です。砂に石や水が混じったりして汚れることがないのでサラサラです。
【ままごとセット】
様々な素材を使用していて、子どもたちの想像力を引き出します。
【ボルダリング】
壁の突起を使って登って遊びます。子ども用のボルダリングの遊具は珍しい!
【赤ちゃんスペース】
赤ちゃん専用の遊び場があります。お兄ちゃんお姉ちゃんが走り回っていないから、赤ちゃんもここなら安心。

子ども連れに嬉しい設備

小さい子どもを連れて出かけるときに困るのが、トイレや授乳の場所。
「子どもひろば」では、子連れでの利用にありがたい設備が整っています。
清潔感があり、快適に利用できます。
【幼児用トイレ】
トイレトレーニング中の子どもたちが使いやすそうです。
身障者用トイレもあります。
【親子トイレ】
車イスの方でも利用できるよう十分な広さになっています。
【授乳室・おむつ交換台】
プライベートな空間で、安心して授乳できる部屋です。赤ちゃんのおむつ交換台もあります。

屋外施設も楽しい!

屋外にも子どもが楽しめる遊具やアトラクションが充実しています。広いスペースで走り回れます。ゴーカートや公園の遊具の周りを1周するミニSLもあります。
【遊具】
滑り台やターザンロープなど、さまざまな遊具が設置されています。

2024年の春には遊具リニューアル予定。大型スライダーの設置を計画されているそうです。
【ミニSL】
列車好きの子どもにはたまりません!
公園の遊具の周りをぐるっと1周します。結構距離が長いのが楽しい。

利用料:200円/周
利用時間:10:00〜17:00
※土日祝のみ運行
※12/31~1/1は休業
【ゴーカート】
小さい子は保護者と一緒に乗車します。中学生以上は1人で利用できます。

利用料:200円/周
※土日祝のみ運行
※12/31~1/1は休業

パン工房

公園内にあるパン工房では、手作りの美味しいパンを購入できます。

定休日:月・火、年末年始

まとめ

「和気鵜飼谷交通公園」と「子どもひろば」は、屋内外ともに充実した設備が揃った魅力的な施設! 子連れの家族全員が安心して楽しめる、おすすめのスポットでした。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事