旧矢掛本陣石井家住宅

きゅうやかげほんじんいしいけじゅうたく
宿場町として栄えた街の歴史的シンボル

現存する本陣の建物は江戸時代中期に建てられた裏門・西蔵・酒蔵などを除き、本陣施設としての御成門・玄関・御座敷をはじめ主屋の主要建物は江戸時代後期(天保年間〜安政年間)にかけて再建されたものです。本陣の屋敷地は間口20間(約36m)、奥行50間(約90m)、面積1000坪(約3,200)で、十数棟の建物が建っており、それらはほとんど改変されることなく今日に至り、山陽道第18番目の宿場町矢掛の本陣として、国の重要文化財に指定されています。本陣は参勤交代で江戸と国もとを行き来する大名や公家、幕府役人の宿として、機能し、建物は、当時の建築の粋をこらしており、当時の繁栄を現在に伝えます。また、江戸時代の大名が行き交う姿を、毎年11月第2日曜日に開催される「矢掛の宿場まつり」で再現しています。

基本情報

住所 〒714-1201 岡山県小田郡矢掛町矢掛3079
電話番号 0866-82-2700(旧矢掛本陣石井家住宅)
公式サイト
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
営業時間3月~10月:9:00~17:00、11月~2月:9:00~16:00(入館は30分前まで)
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)
料金大人400円、小中学生200円
交通アクセス(車)山陽自動車道鴨方ICから約20分
交通アクセス(公共)井原鉄道矢掛駅から徒歩約8分
駐車場普通車20台、バス2台

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設