日本初から世界初まで!実は岡山にあった「発祥の地」アレコレ7選

1年の計は1月にあり!?新しいスタートには始めが肝心。囲碁、ピンポン、猫駅長!?実は岡山が発祥とされているスポットをまとめてみました。巨大な基盤?世界最古の点字ブロック!?など現地だけのお楽しみもあり。
日本初のみならず世界初まで、色んなルーツを探ってみよう!「諸説あり」でお楽しみください。
掲載日:2022年01月27日
  • ライター:おもとまちこ
  • 4001 ビュー

点字ブロック発祥の地(岡山市/原尾島交差点)

輝かしき、世界第1号の点字ブロックが設置されたスポットです!
岡山出身の発明家(三宅精一氏)が、目の不自由な友人の「足裏の感触で苔と土の境目がわかる」という一言から発想を得たんだとか。岡山で生まれた世紀の大発明は、今では70以上もの国々に普及しているんですって。
所在地:岡山県岡山市中区原尾島4丁目(国道250号線原尾島交差点)
初めてこの地に敷かれたとされる貴重なブロックが、埋め込まれています!色や形。突起の数や配列など。時をかけて変化してきたことが分かりますよ。近年では、スマホ(AI)が道案内してくれるという、夢のような点字ブロックも開発されているんだとか!「ここから世界へ ここから未来へ」。岡山で灯った小さな光は、まだまだ進化の途中です。

岡山孤児院発祥の地(岡山市)

医者志望から、社会福祉の道へ!のちに児童福祉の父と呼ばれることになる、石井十次の人生が大きく転換した地です。男児を1人引き取ったことをきっかけに「医師は大勢いても、児童救済をする人は自分しかいない」と、志を新たにした十次。その発想力と実行力からは、多くの学びが得られるかも。
所在地:岡山県岡山市東区上阿知2258付近(東側太子堂)
十次がかつて医療活動を行っていたとされるお堂には、お大師様が祀られていたり。十次に関する資料なども展示されていますよ。その後創設した孤児院には、大地震や飢饉などで被災した児童を、できる限り多く保護したんだとか。まだ福祉というコトバすらなかった時代に、思いをカタチにしていくパワーあふれる生き方!見習いたいです。

ピンポン伝来の地(岡山市/三友寺)

外国人教師・ガントレットが、卓上テニス(ピンポン)を持ち込んだとされる三友寺です!何とこのガントレットの義弟は、あの作曲家・山田耕作だったんですって。時の人やモノが集まる場所。不思議ですね。実は「ピンポン」は商標登録された商品名で、伝来当時その名で知れ渡っていたんだとか。なんだか時代を先取れそうな!?お寺です。
所在地:岡山県岡山市中区門田屋敷1-9-31

囲碁発祥の地(矢掛町/吉備真備公園[きびのまきびこうえん])

立派な石のテーブル?と思いきや、それはそれは巨大な基盤でした!周りにはカワイイ碁石の椅子も並んでいます。大きな吉備真備公がたたずむ眺めの良い丘に立てば、チャイナ風の建物の屋根が見えたり。手打ちうどんの館祉亭からは、美味しそ~なお出汁の香りがしてきたり。日本の歴史公園100選に選ばれた、独自カラーがたのしい公園ですよ!
所在地:岡山県小田郡矢掛町東三成3872-2
歴史ロマンあふれるオブジェが並ぶ丘の前で、発祥の地の石碑を発見しました!遣唐使として2度も渡中し、日本へ初めて囲碁を伝えるなどエピソード豊富な吉備真備公。その真備公の居跡とされる園内には神社もあって、備中国の偉人にあやかろうと多くの受験生が合格祈願に訪れるんですって。梅、桜、藤。季節の花々も見応えありです。

猫駅長発祥の地(美咲町/柵原ふれあい鉱山公園)

こちら片上鉄道の旧吉ヶ原駅舎から、猫駅長(初代コトラ)の歴史がスタートしたんだとか!今は2代目となった猫駅長(ホトフ)の出勤や保存車両の展示運転は、コロナ拡大後から休止中ですが、駅舎や園内の見学は自由に出来ますよ!一度は浸るべき、ノスタルジックな世界観。サイクリングやツーリングでの立ち寄りポイントとしても、愛されています。
所在地:岡山県久米郡美咲町吉ヶ原394-2

中国地方の子守歌発祥の地(井原市/子守唄の里高屋駅前)

「ねんねこしゃっしゃりま~せ♪」で始まる中国地方で歌い継がれていた子守唄の、メジャー化に一役買ったとされるのが声楽家・上野耐之です。出身地である井原市では、駅名そのものが子守唄の里になっていたり!高屋駅前には銅像。生家前にもモニュメント。田中美術館そばにも歌碑などなど!至る所で、子守唄関連の石碑やオブジェに出会えますよ!ぜひお立ち寄りしゃっしゃりませ~♪
所在地:岡山県井原市高屋町3丁目(井原鉄道井原線)

海水浴場発祥の地(倉敷市/沙美海水浴場)

広々とした砂浜!海岸線のわん曲とヤシの木!さすがは日本で初めて海水浴場が開設されたという海岸。とっても風光明媚です。浸食対策に人工整備をしたのも、ここが日本初なんだとか。瀬戸内の穏やかな海、遠浅の砂浜。西浜の先には本みりんの老舗・藤澤藤左衛門商店があったりと、玉島黒崎の風情ある町並みもたのしめますよ。
所在地:岡山県倉敷市玉島黒崎4799

同じテーマの記事

このライターの記事