穏やかな瀬戸内海が育んだ脂ののった『アナゴ』を秘伝のタレで

遠浅で波穏やかな海で育つアナゴは、ふんわり柔らかく身が甘い

岡山県の主な漁場は、深さ20m以下の浅くて波も静穏な海域です。その一帯は、吉井川、旭川、高梁川という岡山の三大河川から流れ込む栄養塩(植物プランクトンなどの肥料)に恵まれており、さらに水深が浅く陽光がふんだんに差し込むことから、プランクトンなども豊富です。
岡山県南部の海域では、そうした豊富なプランクトンをエサとする生物が多く育ち、アナゴはその生物をえさとするため、丸々と太った味の良いものが獲れると言われています。

人の手で丹念にさばかれ、2種類の秘伝のタレで味わい深い逸品に

江戸時代から祭りや祝いの席で親しまれてきた、岡山の郷土料理「ばら寿司」に欠かせない具材のひとつが焼あなごです。
岡山県漁業協同組合連合会の「焼あなご」に用いられているのは、瀬戸内産のアナゴの中でも中型で質の高いもの。人の手で1匹1匹開いて、砂糖、醤油、みりん、酒で少し甘めに調合したオリジナルのタレに漬け込み、香ばしく焼き上げた後に仕上げのタレをからめます。強火で短時間のうちに焼き上げるので、ふっくらと柔らかく、旨みがギュッと閉じ込められているのです。

焼きたてそのままの味を全国どこでも、手軽に食卓で味わえる

焼き立てを急速冷凍した「焼あなご」は、冷凍のまま電子レンジで温めるもよし、オーブントースターやフライパンで焼き戻すもよし。湯煎にすれば煮あなご風にも。
ご飯と相性がよいのはもちろん、うどんや鍋に入れたり、刻んで酢の物の具材にしたりと、さまざまに活用できます。
瀬戸内海の恵みを家庭で気軽に味わえる「焼あなご」は、自宅用としてだけでなく、贈り物としても喜ばれている岡山自慢の品です。

取材協力:岡山県漁業協同組合連合会