ライフパーク倉敷科学センター(倉敷市)

直径21mのドームを誇る中国地方最大級のプラネタリウムが最大の魅力です。2019年3月に大規模なリニューアルを終え、日本有数の先進的な機能を持つ設備に生まれ変わりました。ドームでは「プラネタリウム」と、プラネタリウム独特のドームスクリーンに巨大映画を映し出す大迫力の映像システム「全天周映画」、2種のプログラムを上演。「プラネタリウム」では美しく忠実な星空を再現し、解説員による今晩の星座の解説や様々な星や宇宙の話題を紹介しています。楽しみながら科学を学べる大規模な「科学展示室」も人気です。
ライフパーク倉敷科学センターの体験プログラム
科学展示室

科学展示室

子どもたちに人気のCGスクエアやH-IIロケット実物エンジンなど、触って、見て、聞いて科学のおもしろさや素晴らしさを体験できる展示物が約100点設置されています。
 

倉敷天文台(倉敷市)

大正時代に創設された日本初の公開天文台です。設立者・原澄治氏、新天体捜索で世界的にも有名な本田實氏の記念館も見学可。月、水、金曜日のみ開館しています(館員が常駐していないため事前に連絡が必要)。

富田隕石落下地点の碑(倉敷市)

1916年4月13日に落下した、数少ない国内隕石のひとつとして知られている「富田隕石」。現地には石碑が建立され落下地点が分かるようになっています。富田隕石の現物は、倉敷科学センターの科学展示室内に展示されています。

美星天文台(井原市)

星が美しく見える町として知られる美星町にある、口径101cmの反射望遠鏡を備えた国内有数の公開天文台です。多彩な天体の姿を専門職員の説明付きで体験することができます。
美星天文台の体験プログラム
口径101cm反射望遠鏡による星空観望

口径101cm反射望遠鏡による星空観望

美星天文台職員の案内により、口径101cm反射望遠鏡でさまざまな天体を観望でき、夜間だけではなく、昼間でも望遠鏡により昼の星を観望することができます。

星空公園(井原市)

日本三選星名所に選ばれた公園です。蓄光石を敷き占めた「願いかなう小怪」や「願いかなうポスト」があります。
COLUMN
井原市の美しい星空観望環境

井原市の美しい星空観望環境

岡山県井原市美星町は全国で初めて光害防止条例を制定したまちです。美しい星空観望環境を保持するため、「びせい星守プロジェクト」に取り組んでいます。パナソニック株式会社の協力のもと、上方への光漏れを防ぎ、電球色のような優しい光を放つ屋外照明の導入や光害に関する普及・啓発活動を進めており、星空版世界遺産とも言われている「星空保護区」の認定に向けて活動しています。

美星スペースガードセンター(井原市)

地球に接近する小惑星や宇宙開発に影響を及ぼす可能性のあるスペースデブリ(宇宙ゴミ)を監視するためのJAXAの観測施設。美星スペースガードセンターには入ることができませんが、展示館には入ることができます。

星尾神社(井原市)

流れ星が落ちた場所に建てられたといわれる「流れ星伝説」由来の神社。願い事が叶う神社として、旧暦の七夕の日(8月7日)にはお焚き上げが行われ、全国から届けられた多くの願い事が天に届けられています。

八塔寺ふるさと村(備前市)

標高400mにあるふるさと村で、かやぶき屋根の古民家風景が広がります。周辺都市からの光害が少なく気流が安定していることから、星空観望や天体観測に適しています。村内に天文施設はありませんが、定期観望会を開催。「レストラン&キャンプ場 望ケ丘」では、「八塔寺星を観る会」の活動や観望会などの案内が行われています。

岡山天文博物館(浅口市)

最新型プラネタリウムや4次元デジタル宇宙シアターといった体験型施設で本物のような星空を見ることができるほか、太陽観測望遠鏡や展示品で、より身近な宇宙を知ることができます。隣接する国立天文台ハワイ観測所岡山分室、京都大学岡山天文台の施設の構造・機能および最先端の研究なども紹介しています。
岡山天文博物館の体験プログラム
岡山天文博物館による宇宙体験

岡山天文博物館による宇宙体験

プラネタリウムや四次元デジタル宇宙シアター、展示室など身近な宇宙を体験することができます。ミュージアムショップでは、宇宙食や天文グッズ、浅口市の特産品などが購入可能。近くに国立天文台の188cm反射望遠鏡と京都大学岡山天文台のせいめい望遠鏡があり、ガラス越しに見学することもできます。

国立天文台ハワイ観測所岡山分室(浅口市)

1960年に設置。国内最大級の規模を誇る口径188cmの反射望遠鏡(通称:ナナヨン)を備えた歴史と実績のある天文台です。研究者しか利用できない巨大望遠鏡ですが、限定された日のみ一般の人が利用できる事業を浅口市が行っています。
国立天文台ハワイ観測所岡山分室の体験プログラム
国立天文台188cm反射望遠鏡貸切共同利用

国立天文台188cm反射望遠鏡貸切共同利用

本来は天文研究者しか利用できない国立天文台188cm反射望遠鏡を一夜貸切することができます。自分が観たい天体を夜通し観測したり、コンサートや結婚式などのイベントでの利用も可能。

京都大学岡山天文台(浅口市)

口径3.8mの東アジア最大級の「せいめい望遠鏡」を備えた天文台です。新技術、国内初となる分割鏡方式で造られています。第2の地球探しや突然現れる爆発現象ガンマバーストなどの観測において活躍が期待されています。名前の由来は、系外惑星の探査は宇宙における生命(せいめい)の研究につながること、安倍晴明(あべのせいめい)ゆかりの地にちなんでいることです。

阿部神社(祭神:安倍晴明) (浅口市)

昭和19年頃に阿部山入植者の手によって、鎮守として創建されました。付近には安倍晴明が天体観測のため、かつて居を構えたとされている晴明屋敷跡や観測所跡、ほこらなどがあります。

アストロコテージガリレオ(吉備中央町)

360度見渡せる小高い丘の上に建つ、天体観測室付き自然体験宿泊施設です。コンピュータ制御による口径30cm反射型望遠鏡がシンボル。自炊設備も完備しているため、自分たちで食材を持ち込んで星空のもとでバーベキューを楽しむことができます。

人と科学の未来館サイピア(岡山市)

約1000万個の満天の星を映し出す光学式プラネタリウム「クロノスⅡ」と4Kプロジェクターの全天周デジタル映像システムによるハイブリット・プラネタリウムで、子どもから大人まで楽しめる番組を上映しています。土日祝日は身近にあるものを使ったサイエンスショー(不定期開催)などが行われ、子ども連れに人気です。隣接する公園には大きなローラー滑り台や恐竜滑り台もあり、親子で過ごす休日や遠足にぴったりです。
人と科学の未来館サイピアの体験プログラム
プラネタリウムで今夜の星空散歩にでかけよう

プラネタリウムで今夜の星空散歩にでかけよう

岡山市内唯一のプラネタリウムで、約1000万個の星と大迫力のドーム映像を組み合わせ、子どもから大人まで楽しめる番組を上映しています。学校団体向けには、教科書に合わせたプログラムが用意されています。