造山古墳

つくりやまこふん
全国第4位の墳丘規模をもつ巨大古墳

全国第4位の規模をも持つ5世紀前半の前方後円墳。全長約360m、後円部径約224m、高さ約27~32.5m。三段築成。後円部墳頂には形象埴輪が、墳丘斜面の各段には大量の葺石と円筒埴輪列が認められる。
墳丘上まで上がれる全国最大の前方後円墳として知られる。6基の陪塚(ばいづか)があり、馬形帯鈎が出土した榊山古墳、直弧文が彫られた石障をもつ千足古墳が著名。(第1・2・3・4・5・6古墳)

エリア
備前
カテゴリ
文化財・史跡

基本情報

住所 〒701-1344 岡山県岡山市北区新庄下
公式サイト
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
駐車場あり

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設