備中国分寺

びっちゅうこくぶんじ
吉備路の代表的景観!撮影スポットとして注目度UP

奈良時代に聖武天皇の発願によって全国に建立された国分寺のひとつ。仏教の力を借りて天災や飢饉(ききん)から国を守ることを目的に建てられました。現在残っている建物は江戸時代に再興されたもの。境内には高さ約34mの五重塔がそびえ、吉備路を代表する景観として有名です。岡山県唯一の五重塔は重要文化財に指定されています。田園風景の中に建つ五重塔や、菜の花、レンゲ、ひまわりなどの写真撮影をしたり、サイクリングスポットとしての人気が高まっています。

基本情報

住所 〒719-1123 岡山県総社市上林1046
電話番号 0866-94-3155(国分寺観光案内所)
公式サイト
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
交通アクセス(車)岡山自動車道岡山総社ICから約10分または、山陽自動車道倉敷ICから約10分
交通アクセス(公共)JR総社駅からタクシー約15分
駐車場普通車200台、バス15台
時期レンゲ:4月下旬~5月上旬(毎年4月29日に「れんげまつり」が行われます。)
ヒマワリ(向日葵):6月下旬~7月下旬
コスモス(秋桜):7月下旬~
写真ダウンロードURL観光写真ダウンロードはこちら

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

季節情報

ひまわりの最新状況 終わりです。 (最終更新日: 2019/7/30)
ひまわりのシーズン 見頃:6月下旬~7月下旬

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設