漫画6万冊が読み放題!吉備川上ふれあい漫画美術館で一日過ごしてみた

今回は岡山県の中西部に位置する高梁市にある、「吉備川上ふれあい漫画美術館」を訪ねました。こちらには大正時代から話題の最新刊まで、12万冊以上の漫画が所蔵されています。そのうち約6万冊を自由に読むことができ、開館から閉館時間まで自分の好きな時に、好きな漫画を読めるマンガの楽園です。家族でも、カップルでも一人でも、どの層にもおすすめ。現在は、高梁市出身の大島幸也(おおしま ゆきえ)展も開催されています。
掲載日:2023年10月18日
  • ライター:髙田美津子
  • 2693 ビュー

吉備川上ふれあい漫画美術館ってどんなところ?

「吉備川上ふれあい漫画美術館」は岡山市内から車で約1時間半、自然豊かな場所にあります。来年(2024年)開館30周年を迎え、これまで62万人以上の方が訪れています。大人500円と今のご時世考えられないほどお財布に優しい入館料で、9:00~17:00まで1日滞在できます。出入りが自由なのも嬉しい。

①岡山ゆかりの漫画家コーナー

岡山県出身の漫画家が70人以上いることをご存知ですか?こちらのコーナーでは、岡山県出身の漫画家の作品を分かりやすく紹介しています。『NARUTO-ナルト-』の作者、岸本斉史先生も岡山県奈義町出身。全巻揃っていました!

②高梁市出身の漫画家コーナー

高梁市出身の漫画家のコーナーもあります!漫画家ゆかりの地で、その作品を読むことができるのは、ここでしかできない体験ですね。贅沢な時間です。

分かりやすいポップ

本棚には、このように作品を手に取りやすい工夫をしてくれているので、迷うことがない! 次々に読みたい漫画に出会うことができます。

③猫マンガコーナー

同じ高梁市の「備中松山城」の猫城主さんじゅーろーとの縁もあり、猫マンガコーナーを制作されたそうです。猫好きにはたまらにゃい。

④小さなお子様の絵本コーナー

絵本の表紙が見えるように並べられています。子どもの目線の高さに陳列されていて、ちいさい子も選びやすいですね。漫画のプロフェッショナルが厳選している本なので、どれを選んでも間違いなし!

全世代が楽しめるジャンルの多さ

私が学生時代に人気だった漫画を発見。当時の思い出が蘇ります。今大人気の『推しの子』や山下智久さん海外ドラマ初主演の原作『神の雫』など話題の漫画もたくさんありました。子ども、親、おじいちゃん世代まで一緒に楽しめる貴重な場所です。

④外国語の漫画コーナー

『NARUTO』、『Demon slayer(鬼滅の刃)』の英語のmangaが全巻揃っています。その他、中国語、韓国語などもあり、外国語のマンガだけでも200~300冊ほど所蔵されています。留学生にもおすすめです!

寛ぎながら漫画が読める「ごろごろ読書室」

「漫画をごろごろしながら読みたい!」その願い叶います。2階は「ごろごろ読書室」になっていて、寝ころびながらゆっくり漫画を読むことができます。常連の方は、クッションや枕、ヨガマットを持参して寛ぎながら1日中、漫画を楽しんでいるそうです。ベビーもごろんとして気持ちよさそう。
1階は、大きな窓から自然光がたっぷり入ってきます。窓の外には、豊かな自然を感じられ、疲れた目を癒してくれます。漫画を満喫するには、最高の環境です。

館長のおすすめの漫画

館長おすすめの漫画を教えて頂きました。『メンタル強め美女 白川さん』というタイトルです。「全ての女子に読んで欲しい」と楽しそうにお話してくれました。訪れた際は、ぜひ読んでみてください。

大正時代の漫画も

当時は、裕福な人しか漫画を買えなかった時代だったそうです。漫画の時系列も面白いので、歴史を感じてみてください。

大島幸也展

漫画ユニットで活躍されている、高梁市出身の大島幸也(おおしま ゆきえ)先生のふるさと凱旋個展が2023年12月18日まで開催されています。デビュー作から連載中の作品まで約50点のデジタル原画を見ることができます。
大島幸也先生からの作品へのコメントや、デジタルで描かれている様子がわかるメイキング映像、一般募集した質問に答えている質問コーナーもあり、いろんな角度から深く作品を楽しめます。コメントからは先生の人柄も感じられました。「先生の漫画を読みたい」と思ったら、ここですぐ読めちゃうのが嬉しいポイント!

来場特典

吉備川上ふれあい漫画美術館に来館した方の中から、抽選で10名に大島幸也先生の直筆サイン入り色紙をプレゼント!

大島幸也トークショー

2023年11月18日(土)に、大島幸也先生のトークショーが催されます。対面でお会いできる機会は本当に貴重です!
入館料だけでトークショーの参加費は無料。抽選で40名のみです。申込は10月25日(水)までですので、お急ぎください。

施設情報

ママライターとしてお伝えしておきたいのが、赤ちゃんも一緒に楽しめるかどうか。ママさんご安心ください。まだ文字が読めない赤ちゃん向けの絵本も充実しています。ベビーカーもOKです。おむつ替えスペース、授乳室はないのですが、スタッフの方にお願いすれば、個別に対応してくださるとのことでした。もしベビーが泣いてしまった時には、一日出入り自由ですので、お散歩にでかけるのもおすすめです。
周辺にはお食事処が少ないので、お弁当を持参する方も多いのだそうです。外のテーブル、ベンチでは飲食可能です。
これから秋本番!山々を近くに感じられる場所にあるので、道すがらの紅葉がとても綺麗なのだそうです。高梁市周辺で地元食材を買ったり、美味しいものを食べたりしながら、漫画美術館までたどり着いて欲しいと館長がおすすめしてくれました。
自然に囲まれた環境で、漫画を楽しめる最高の美術館。ブランケットとマットレスをもって、ごろごろマンガを読みに行きましょう。

【吉備川上ふれあい漫画美術館】
所在地:高梁市川上町地頭1834-1
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
電話番号:0866-48-3664
休館日:金曜日(祝日の場合は前日休館)、年末年始(12月29日~1月3日)
ベビーカー:OK
スロープ:あり
授乳室・おむつ替えスペース:個別対応

周辺ランチ情報

吉備川上ふれあい漫画美術館の近くにある、可愛いログハウスカフェ「cafe and shop POPEYE」でランチをしました。スロープもあって、ベビーカーOKなのが嬉しい!
ミックスフライ定食(1,150円/税込)とシェフの気まぐれランチ(1,000円/税込)をいただきました。めちゃくちゃ美味しい!付け合わせも多くて幸せでした。
可愛らしい店内。オーナーのご両親から続くお店を2023年にリニューアルされました。地産地消を大切にされていて、お米は岡山県産のものを、野菜は地元で採れたものを使っています。
ジュースや野菜、果物も販売しています。日によっては、お店で焼いたベーグルやマフィンも置いているそうです。

【cafe and shop POPEYE】
所在地:高梁市川上町領家2462-1
営業時間:10:00~15:00(土日祝は16:00)
電話番号:0866-48-3020
定休日:月・火曜日
ベビーカー:OK
おむつ替えスペース:なし(トイレは広いので、ベビーカー入れます)
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事